[連載] ミニバン&ワゴンのトレンドをユーザーカーで振り返る【1995〜1996年編】 (1/2ページ)


ヨーロピアンとアメリカン
2大巨頭を築いたワゴンブーム創成期

1994年に創刊したミニバン&ワゴンのカスタム誌「WAGONIST(ワゴニスト)」。
その名物企画に、ユーザーカーの頂点を紹介する『街のワゴニスト』というコーナーが存在する。あれから20年以上。めまぐるしく移り変わるドレスアップのトレンド、その当時に支持されていたベース車について振り返ってみたいと思う。
かつてのワゴン乗りには懐かしく、他ジャンルオーナーには新鮮に映る傑作たちをご紹介。

1995年[平成7年]

ステーションワゴンが脚光を浴び始めた90年代半ば。トヨタはカルディナ、ニッサンはアベニール、ホンダはアコードワゴン、スバルはレガシィツーリングワゴンと、充実したラインアップを誇り、自然とカスタム文化も根付いた。はじめはエアロ+αと、シンプルなスポーティメイクが主流。現在ではごく一般的な手法も大きな脚光を浴びたのである。

↓LEGACY  TOURING  WAGON↓
エアロメーカー、「ジアーロ」のデモカー風をテーマにフルエアロ化。足元は、大人気を誇った「テクノマグネシオ」を当時の大口径”17″インチを履かせた。

↓ACCORD  WAGON↓
エアロはGスクエアを中心に他車種用サイドステップを流用したヨーロピアンメイク。ちなみに初代アコードワゴンは北米生産の逆輸入車。Bピラーに貼られた”HONDA OF AMERICA”のエンブレムが誇らしかった。

↓CALDINA↓
フロントリップと輸出仕様のエンブレムでヨーロピアンに。流行した4灯ヘッドライトやエアロミラーが懐かしさを感じさせるポイント。

↓LEGACY  TOURING  WAGON↓
ビレッド風のフロントグリルにボイドのホイール、スーパートラップのマフラーという人気の組み合わせ。さらにファントムトップでキメた典型的なアメリカンスタイルである。