アグレッシブなスポーティスタイルを210クラウンに


ゼロクラから始まった新世代クラウン
純正スポーツ仕様のような佇まい

「トヨタ」の新世代『クラウン』のルーツは先々代モデルの18系クラウンだ。
先代モデルの200系クラウンを経た現行型210系クラウンは、よりスタイリッシュに磨きがかかり「年輩のクルマ」というかつてのイメージを完全に払拭。
特にアスリートは欧州のスポーツセダン並の精悍さを放つ。
そんな210系クラウン・ロイヤルとアスリート用のエアロキット『ロゼル(ROZEL)』が「アレス」からリリースされた。

「クラウンは、純正でも車高を落とせばカッコ良く見えますが、それではVIPとは言えません。『ロゼル』では純正のラインや面の張りなどをイチから見直し、純正然としつつもそれを上回る迫力を追求しました」とアレス代表上山サン。

フロントはバンパータイプで、一体型のオリジナルグリルを採用。
アスリートの特徴であるイナズマのような意匠は継承しつつ、ワイドに角度を再設計している。内部も欧州のスポーティセダンのようなハニカムメッシュを採用し、ただならぬ雰囲気を獲得。
純正よりワイドも高まり、より迫力が増している。奥行きもあり、立体的。
フロントグリル一体型のためアスリート、ロイヤル、各前期後期に装着できる。

リアはハーフタイプ。装着には純正バンパーを一部カットする必要があるが、そのお陰で出面を抑えることができ、ハーフでも一体感の高い装着を可能とした。

マフラー開口部の奥行きも深く、立体感に富んだ構造。
さらに従来とは異なるディフューザースタイルとし、ヨーロピアンGTセダンのような雰囲気を醸し出す。
ディフューザーはフィンの造形と腹下の奥行きにもこだわる。

「サイズは純正サイドが基準。純ベタ仕様並のローダウンが可能なのも、ウリです」。ロゼルならではのフラップ型のリップ。空を切り裂くような鋭さが特徴だ。

グリルのくびれ部分も、純正ラインとオリジナルラインで再設計。尾を引くような鋭いラインが印象的。
フォグはレスでもOKだが、専用の3LEDタイプを設定予定。

バンパーコーナーのラインを引き継ぐダクトを側面に。マフラー下はボトムをフラットに見せつつ、上面を波打たせてカナード風にも見せる。

  • フロントバンパー(グリル一体型) ¥135,000
  • リアハーフスポイラー ¥54,000
  • フロントトップモール ¥21,600
  • 上記3点キット ¥210,600

アレス TEL0581-22-2114 http://www.aless-group.com

(レポート:VIPスタイル編集部)

【関連記事】
【大阪オートメッセ2017】超弩級オバフェンを纏うレクサスLS【大阪オートメッセ2017】超弩級オバフェンを纏うレクサスLS

【購入ガイド】ベース車の価格を抑えてドレスアップ費用を捻出!【購入ガイド】ベース車の価格を抑えてドレスアップ費用を捻出!

WALDが「210系クラウン ロイヤル」用エアロを発表!WALDが「210系クラウン ロイヤル」用エアロを発表!