速攻インチアップ!!「C-HR」で18〜20サイズを検証 (1/3ページ)


アナタにピッタリなサイズは!?
サイズ別に実装で見た目も検証

世界的にも大ブレイクしているトヨタのコンパクトSUV「C-HR」。
すでにカスタマイズを妄想されている方にオススメといえば、ホイールのインチアップですね。
“オシャレは足元から”なんて言うけど、C-HRでのインチアップはじつにカッコいい。
今回、エアロの開発を予定する「リプロ」の車両を拝借。
履かせるホイールは、「レイズ」のSUV専用シリーズ『フルクロス』で18インチ〜20インチの見た目の差について検証してみました。

 

[純正17インチ&18インチ]
ベースグレードは17インチはやや寂しい
上位グレードの18インチが基本サイズか?

まずは、ノーマルのホイールサイズから。
ハイブリッド車とターボ車には、それぞれ2グレードを設定し、ベースグレードが17インチで、上位グレードが18インチとなりますよね。
今回のテスト車両はハイブリッドの上位グレード”G”なので18インチです。純正の18インチは、そこそこ存在感があってデザインもオシャレ。ベースグレードの17インチだと、さすがに物足りなさは否めないかもしれません。よって、C-HRのインチアップは18インチ以上が鉄則。
純正サイズ[S、S-T]→ FR17×6.5J・ET45 (FR215/60-17)
純正サイズ[G、G-T]→ FR18×7.0J・ET50 (FR225/50-18)

 

[18インチ]
上位グレードはタイヤ流用も可能
乗り心地を最優先したい人にオススメ

純正上位グレードと同じ18インチだけど、コレには理由がございます。
まず、17インチグレードでは、1インチアップということ。また、上位グレードの場合は、純正タイヤが流用できるためリーズナブルにホイール交換の醍醐味が楽しめる。
なによりもタイヤの偏平率は変わらないので、純正レベルの乗り心地をキープできるのもメリットなのです。サンプルとして装着したのは『フルクロス・クロススリーカーズT6』。純正と同じ18インチですが、タイヤサイズはそのままにリム幅とインセットを変えたセッティングがキモです。
今回、純正比でリム幅は0.5Jアップ、インセットが-5となるため、フェンダーとのツラ具合がいい感じになりましたね。 フルクロス・クロススリーカーズT6→ FR18×7.5J・ET45 (FR225/50-18)