【カスタム回顧録】丸目4灯ヘッドライト化 [第1回]


憧れだった欧州車のイメージを
国産ワゴンを中心に取り入れた’90年代

’90年代中盤といえば、日産アベニールやスバル・レガシィ、トヨタ・カルディナといった国産ワゴンで、ヨーロピアンメイクが人気を集めていました。
シュ○ッツァーをイメージしたピンストライプや、アン○ーラやボ○ベットといった3本スポークのホイールなど、欧州の憧れを愛車へ投入。さらにコレだけに留まらず、BMWのギドニーグリル風や身近なものではユーロプレートと、フェイスイメージもソレに近づけていたのです。

そして、このヨーロピアンで欠かせなかったのが4灯ヘッドライト化。
モ○テッィやGス○エアと聞いて懐かしむのは、立派なカスタム中年世代かもしれません。
この4灯ヘッドライトが流行したきっかけは、当時のBMWやジャガーなどの欧州高級車に採用されていたことも要因のひとつ。果ては、4灯ルックにできるライトカバーが出回るなど、一大ムーブメントになりました。
現在では、純正の丸目4灯ヘッドライトは皆無。
すでに造形そのものが古臭く映るのだが、なぜかいまカッコよく思えるのは、筆者だけではないハズです。

[イラスト:自由絵師本舗・秋田昌宏]

【関連記事】