「VIPセダン=ワイド&ロー」という概念、不変なり【Y32シーマ】 (1/3ページ)


理想のVIPセダン像を実現するY32シーマ
流行に影響されずに己の感性で作り上げたフォルム

セダンをイジる上で、昔も今も変わらぬキーワードがある。
それは「ワイド&ロー」。VIPスタイル1月号(2017年)に輝いた日産Y32型シーマも創生期からの伝統を受け継ぐかの如く、重厚なフォルムに鍛えられている。
また技術が向上した今だからこそ、実現できたワザも数多い。この佇まい、必ず未来のVIP乗りに大きな影響を与えるだろう。

誰が最初に言い始めたのかは定かではないが、VIPセダンといえば昔からワイド&ローが王道のスタイルであった。ローダウンは基本中の基本。
さらにエアロも組み、もっと上を狙うならフェンダーにまで手を加える。するとノーマルでも大柄なセダンにイカツい雰囲気が備わり、近寄りがたいオーラを放つVIPセダンへと進化を遂げる。
そのスタイルは時代によってアプローチの違いはあれど、多くの世代に浸透し、今の若いオーナーにも「VIPセダンはワイド&ローがカッコいい」というイメージを定着させた。

そんなわけで、今でも迫力のある姿を求めてドレスアップするオーナーが非常に多いのだが、Y32型シーマに乗る加藤クンもその一人。
走れる限界まで攻めた低車高。アーチを思いっきり上げているのに、自然な仕上がりを見せるワンオフのブリスターフェンダー。
流行りを一切無視し、自分がやりたいことをすべて詰め込んで、1年半かけて作り込んだその姿は、まさに絵に描いたかのようなワイド&ロー。

「今はハデな仕様が流行っていますが、昔の雑誌を読んでVIPの原点を辿ると、すべてはワイド&ローから始まっていると思う。僕がその姿を目指したのは過去の有名オーナーさんの影響が強いですが、今はショップの技術が向上し、パーツも充実している。今回は僕が憧れたクルマの12段階上のクオリティで、自分なりの『ワイド&ロー』を作ったつもりです」と加藤クンは語る。

その迫力溢れるスタイルはまだ見ぬこれからのセダンオーナーにも受け継がれ、そして間違いなくこのシーマは彼らの話題に上がるはずだ。