[連載] ミニバン&ワゴンのトレンドをユーザーカーで振り返る【1999〜2000年編】 (1/2ページ)


ミニバンとコンパクトカーの快進撃
車種ジャンルに大きな変化をもたらす

1994年に創刊したミニバン&ワゴンのカスタム誌「WAGONIST(ワゴニスト)」。
その名物企画に、ユーザーカーの頂点を紹介する『街のワゴニスト』というコーナーが存在する。
あれから20年以上。めまぐるしく移り変わるドレスアップのトレンド、その当時に支持されていたベース車について振り返ってみたい。
第3回目の今回は【1999〜2000年編】をお届けする。

 

1999年[平成11年]

ベース車がステーションワゴンから徐々にミニバンが躍進。とはいえ、ユーザーカーの頂点を極める『街のワゴニスト』となれば、まだまだ主戦場はステーションワゴンだった。
しかし、ホンダやトヨタを中心にしたミニバンが頭角を表し、ついには年間の約3割を占める程までに成長する。
このミニバンは、ドレスアップに多様化をもたらし、のちに大流行を果たすインパクト重視のVIPメイクを生む。次世代のカスタマイズの方向性を示唆してくれているようだった。

↓ODYSSEY↓
小径の16インチをディープリムで履かす足元がポイント。開口部を主張するエアロや、モールやドアミラーのブラックアウトなど、モノトーンでスッキリとしたフォルムに仕立てたホンダ・オデッセイ。

↓ORTHIA↓
フロントグリルは、イギリスの自動車メーカー『ボクスホール』をモチーフ。そこへオペルのチューナー『シュタインメッツ』を意識したフォルムでまとめた1台。
いまはなき、ホンダ・オルティアというのもツボである。

 

↓DEMIO↓
小気味よいヨーロピアンスタイルは、VWゴルフなどのドレスアップを彷彿とさせるマツダ・デミオ。
クオリティが高い細部のアプローチも必見である。

↓ESTIMA↓
ワインレッドパープルのオールペンにクッキリ系のオーバーフェンダー。
フェイスは後期顔にアップグレードさせて、張り出し系エアロを纏う。
いわゆるVIPを象徴するメイクを施したトヨタ・エスティマ