プリウスを手軽にイメージアップできるリヤハーフスポイラー


純正色塗装と塗り分け塗装を設定
手間を掛けずにカンタン装着可能

トヨタ50系プリウスで手軽に個性を主張できるのが、『シルクブレイズ』の「リアハーフスポイラー」などのボディパーツ。手間を掛けずに装着できる純正色塗装済みはもちろん、純正色+塗り分けもラインアップする。

『シルクブレイズ』50系プリウス標準ボディ車用「リアハーフスポイラー」は、装着の手間を省くため純正色塗装済み、純正色+塗り分けのバージョンがある(未塗装もあり)。
標準ボディでスタイルアップしたいと思っているオーナーにベストマッチのアイテムで、ディフューザー形状を持ったりスタイルに変身でき、バックフォグ付きとなしが選べるラインナップ。車体下部を流れる風を跳ね上げながら抜くディフューザー形状を採用。両サイドはリアタイヤ後ろのフィンを延長した独特なデザインとなる。

また、リアクォーターピラー部には「クォーターパネルダクト」も用意される。SUPER GTの参戦するプリウスをイメージさせるようなアイテムだ。

純正のピラーパネルと交換するタイプ。ダクト風のデザインになっていてトヨタ車にはおなじみのジェネレーターフィンも付く。

このほかDIYで取り付けられる「アイラインフィルム」も設定。
ヘッドライトレンズの下部をオレンジにすることで、ウインカーとのつながりが生まれ顔つきが変わる。

リアハーフスポイラー・バックフォグなし
¥42,120(未塗装)/¥57,240(1色塗装)/¥62,640(2色塗装)

リアハーフスポイラー・バックフォグ付き
¥48,600(未塗装)/¥63,720(1色塗装)/¥69,120(2色塗装)

リアクォーターダクトパネル
¥27,000(未塗装)/¥39,960(1色塗装)

ケースペック TEL0566-54-0335 http://www.kspec.co.jp

 

【関連記事】