ワイパーの拭き取り大丈夫? ゴムだけ交換すれば経費節減


エアロワイパーもゴム交換が可能
半年〜1年で交換するのがベスト

花粉の季節は、クルマのガラスも汚れやすくウインドウォッシャーの出番が多くなる。
しかし、ワイパーのゴムが劣化していると拭きムラが多くて、視界がクリアにならないことも……。
ちょっとワイパーの拭き取り状態をチェックしてみませんか?

ワイパーのゴムの寿命は半年~1年。ガソリンスタンドなどでは、ワイパーのフレーム=ワイパーブレードごとの交換を勧められたりする。
だが、ワイパーゴムだけ交換すれば、ブレード一式で交換するより半額以下で済むのでリーズナブル!
これは、多くの方がご存じのことだろう。

ところが、2000年以降に普及し、このところ純正採用も増えてきているフラットタイプのワイパー(エアロワイパー、デザインワイパーなどの呼び方もある)は、「ゴムとブレードが一体式で、ゴムだけの交換はできない」と思っている人が意外と多いようだ。

しかし、従来のトーナメント型(フレームが勝ち抜き戦の試合表=トーナメント表のような形状をしているため:下の写真)と同じように、ゴムだけの交換も簡単にできるのだ。

 

古いワイパーゴムの取り外し方

ここで交換手順で紹介するのは、トヨタ、レクサス、ホンダなどにも純正採用されているNWB製のデザインワイパーだ。

ワイパーブレードをワイパーアームから取り外す
一般的なUクリップなら、クリップの部分のカバーを外し、ブレードをアームの付け根側にずらすだけで簡単に外れる。

(※交換作業は、左右一本ずつやったほうが間違いない。片方のワイパーの交換を終えるまで、もう片方はノータッチでいる方が間違いが少ない)

ワイパーラバーのストッパーを確認し、引き抜く
ワイパーラバーの片端に、ストッパーがある(通常はワイパーが立ち上がったとき、下側になる端)。
このストッパー側を手で持って、ブレードからワイパーゴムを引き抜く。
古いゴムは再利用しないので、ラジオペンチなどで挟んで抜いてもOK。

引き抜いたワイパーゴムから、金属レール(2本)を取り外す
この金属レールは、新しいゴムでも使う。

新しいゴムの取り付け

替えゴムに金属レールをはめ込む。
あらかじめ購入しておいた「替えゴム」に、取り外したワイパーゴムから取り外した金属レールを挟み込む(レールとゴムの凹凸を合わせること)。

ブレードとゴムの反る方の一致を確認する。

替えゴムを差し込んでいく。

ワイパーブレードの爪に合わせ、替えゴムをブレードに差し入れていく。このときすべての爪に、替えゴムの溝が通るようにする。

ストッパーを固定

替えゴムの後端のストッパーに、ブレードの爪がはまるまで、しっかり押し込んで固定。

ワイパーブレードをワイパーアームに取り付けてフィニッシュ!

所用時間は、1本につき3~5分程度。
替えゴムだけなら、1本¥500~¥1,000ぐらいなのでお財布に優しい。

ビビリや拭きムラが出てきたら、迷わずすぐに交換したほうがよい。
ただし、ワイパーブレードは、ワイパーゴムを均一にガラス面に押し付けるバネの働きもしているので、そのバネの力が弱ってきたら交換が必要。
ワイパーゴムの交換サイクルが、半年~1年だとしたら、2年に1度ぐらいは、ワイパーブレードとゴムを一式で交換しよう。

交換の際は、替えゴムもワイパーブレードも、さまざまなサイズが出回っているので、必ずメーカーの車種別適合表で確認することも忘れずに(左右で長さが違うクルマも、けっこう多い)。
同じエアロタイプでも、下の写真のようにほぼワイパーラバーが直接固定されているようなワイパーは、ゴムだけの交換はできない。

また、トーナメント型のワイパーブレードを使っている人は、フラット型ブレードに交換するのもおすすめだ。フラットワイパーは、空力を考慮したデザインで高速道路の走行時でもワイパーの浮き上がりが少ないため、きれいに拭き取れる。見た目も新しいクルマのようにアップデートされた感じになるので、ドレスアップ効果も期待できるなどメリットは意外に大きいのだ。

(レポート&撮影:藤田竜太)

【関連記事】