【DIY】ポジションランプを本格派デイライトへ


純正ポジション&デイライトの輝度を
飛躍的に高められるクラフトマンのDRL

昼間に点灯させるデイライト。歩行者などの周囲に車両の存在を知らせる目的を果たすなど、最近の車両に装備されることも多い。
しかし、輸入車を含めた日本国内のクルマは、デイライトの輝度が抑えられている。
「クラフトマン」が発売する『DRL』は、この明るさをアップさせるキット。
さらにポジションランプの照度を高めてデイライト化することもできる。
車種別に設定されるが、サンプルとなったレクサスNXでは輝度を2倍に高めることが可能だ。

純正デイライトとなるL字部分の明るさが倍増(下2枚の写真で上がDRL装着後)。
デイライトとして点灯した場合、テールランプやナンバー灯は消灯。
ウインカーやハザードを作動した際は、デイライトを減光&消灯する機能も加えている。

純正状態などに復帰できる切り替えスイッチも付属。
車検時やデイライトとして点灯させたくない場合は、『DRL』のオフが可能だ。

取り付けは、カプラーオンでOK(一部車種除く)。
また、写真入りで解説した車種別の取り付けマニュアルも付属するため、DIYでの取り付けも可能だ。この『DRL』は、国産車だけでなく輸入車にも設定。
一部車種用は、純正ポジションランプをデイライト機能として明るくすることができる。周囲からの視認性を高めることで安全性を高め、ドレスアップ効果も望めるのが「DRL」なのである。
DRL(Daytime Running Lamps)

  • 適合(レクサス):LS、GS、IS(C/F)、CT、NX、RX、RC(F)
  • 適合(トヨタ):プリウス(α)、クラウン・アスリート&ロイヤル、ハリアー、ノア、ヴォクシー、ランドクルーザー、SAI、86
  • 適合(日産):エルグランド、ノート、エクストレイル
  • 適合(ホンダ):オデッセイ・アブソルート、アコード、ヴェゼル、N-ONE、シビック・タイプR、CR-Z、S660
  • 適合(マツダ):アテンザ、アクセラ、デミオ、CX-3、ロードスター
  • 適合(スバル):レガシィB4、レヴォーグ、フォレスター、BRZ、WRX
  • 適合(ダイハツ):コペンローブ、ムーブカスタム
  • 適合(スズキ):ハスラー
  • 適合(BMW):1/3/5/6/7/Xシリーズ
  • 適合(VW):ポロ6R、ゴルフ7、パサート(ヴァリアント)、シャラン、ティグアン
  • 適合(アウディ):A1/3/4/5/6/7、Q3/5、TT RSプラスクーペ
  • 適合(ポルシェ):ケイマン(S)、ボクスター(S)
  • *その他車種や詳細の型式などはホームページをチェック

価格 ¥12,960〜¥21,384

クラフトマン TEL086-245-0459 http://craftsman-jp.com/

【関連記事】


おすすめ記事
Recommended by