【閲覧注意】ド〜ンと車高を10cmアップした衝撃のC-HR公開!


ACCが新たに提案するスタイルは
エアサスを使ったリフトアップだった

“車高が低いとカッコいい”という理屈は、もはや説明不要。カスタム好きならば異論を述べる人はいないだろう。
逆に、SUVだけは車高アップしてもサマになる唯一のジャンル。そのワイルドなフォルムは、ハイラックスやジムニーなどのクロカン系にはお似合いだが、昨今の近未来系コンパクトSUVはどうか。いまや世界的にも人気を集めるトヨタ C-HRでの車高アップだ。
そんな異色な提案を打ち出したのがエアサスメーカー「ACC.inc」。
当然”エアサス”を使ったリフトアップなのだが、まずはその衝撃の姿を見てほしい。

 

C-HRのリフトアップ自体こそ皆無であり、なによりもエアサスで実現できることがオドロキ。本来は、ベタベタな車高ダウンこそ持ち味なのだが、逆のアプローチを取り入れたのだ。
そのエアサスこそ『エアランナー・リフトアップver.』なのである。

新開発した『エアランナー・リフトアップver.』の専用ダンパーは、フロント40段の減衰力調整機能付き(リヤは固定式)。
専用ブラケットやエアバックなどによって、約10cmもの車高アップを実現させたのである。

コンプレッサーなどは、ラゲッジのボード下に収納する設計。
デッキアンダートレイ内に収納できる専用エアタンク(オプション)をオーダーすれば、美しいインルトールが可能となる。

フロントの車高調整値(純正比)は、-30mm〜+105mm。
リヤの車高調整値(純正比)は、-55mm〜+60mm。
すなわち、車高アップだけでなくローダウンできるのも美点。
これ1本でふたつのスタイルが実現できる。それが『エアランナー・リフトアップver.』だ。

「ACC.inc」では、通常モデルとなる『ベーシックロー ver.』も設定。
こちらは、フロント-115mm/リヤ-150mmという、おなじみの超ローフォルムを実現する。

ちなみに『エアランナー・リフトアップver.』は、写真のハイブリッド車だけでなく、ターボの4WD用も設定。
ローダウンが主流のコンパクトSUVに向けての新たな風。人とはちがうC-HRメイクを狙うならば、恰好の逸品であることは間違いなしだ。

ACC.inc
エアランナー・リフトアップ ver. ¥555,000
エアランナー・ベーシックロー ver. ¥532,000

ACC.inc TEL0790-23-0700 http://www.accincjp.com

【関連記事】


おすすめ記事
Recommended by