【DIY】ヘッドライトの曇りをクリアにする『リバイバルシート』


貼るだけでキズや汚れを緩和
耐紫外線効果でクリア感が長持ち

紫外線や経年劣化が原因で起こる、ヘッドライトの白いくすみ(曇り)や細かいひび割れ。
研磨することでレンズ面の透明感を取り戻すケミカル品は発売されるが、「ハセ・プロ」が開発する新アイテム『マジカルアート・リバイバルシート』はそもそも発想が異なっている。
『マジカルアート・リバイバルシート』は、貼るだけでくすみやひび割れを解消する専用フィルム。
透明感をアップできるだけでなく、耐紫外線効果を持つため新車への施工もオススメだ。

劣化したレンズ表面には小さなキズや雨ジミによって、細かな凹凸になっている。
フィルムの粘着部分が浸透することで、レンズの透明感を復元させるという仕組み。
レンズ表面のダメージは軽減できるが、内側まで損傷がある場合の効果は期待できないので悪しからず。

サンプルとなった車両は、細かなヒビ割れや薄い黄ばみが発生(写真上)。
施工後は、透明感がアップしてヘッドライト内のリフレクターがクッキリと確認できるようになった(写真下)。

一般的なフィルムのように貼れる

前処理剤(キットに含まれる)で表面の汚れを除去し、中性洗剤を薄めた水をスプレーしながら貼っていく。アール(湾曲)部分はドライヤーでシートを伸ばしながら施工すればOK。

はみ出た部分はカッターで切り取っれば完了。
一般的なフィルムを貼るのと同じ要領なので、DIYでもできそうだ。

この『マジカルアート・リバイバルシート』は近日販売。
DIY用としてWEBショップでの販売、および「ハセ・プロ」での施工を予定している。

ハセ・プロ TEL06-6751-2779 http://www.hasepro.com

【関連記事】