オートライト機能の基準が変わる!『JAF Safety Light』で詳しく紹介


2020年からオートライト機能搭載を義務化
点灯すべき明るさや見え方がわかる

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)は、 薄暮時の交通事故の防止のため有効な「早期ヘッドライト点灯」をテーマとする特設サイト「JAF Safety Light」 を開設。その新コンテンツに、2020年から新型車(乗用車)に搭載が義務化されるオートライト機能についてまとめたページを制作し、4月14日から公開した。

新型車の「オートライト機能」搭載の義務付けは、日没前後から夜間にかけて多発する歩行者と車の死亡事故防止が目的。ドライバーの視認性が高まるとともに歩行者も車の存在に気付きやすくなるなど、 事故防止に寄与することが期待されている。
2020年からの新車には照度1000ルクス以下で点灯することが義務づけされるのだが、この明るさにピンと来ない人も多いはずだ。

「JAF Safety Light」のサイトでは、 1000ルクスがどれほどの明るさなのか。 ドライバーや歩行者からどのように見えるかなど、 明るさの見え方や状況による変化などを紹介。
また、オートライト非装着車のドライバー向けに、1000ルクスの目安を公開し、早期ライト点灯が実行しやすい情報を提供している。

【その1】1000ルクスの明るさ、何で判断すればいい??

【その2】見た目は明るく感じても、実際の数値を測ってみると…

 

なお、2020年から義務化されるオートライト。
任意で設定できる現行のオートライトとは異なり、ドライバーの意思とは関係なく点灯する。また、現状では自動車メーカーや車種によって異なる点灯タイミングは、”1000ルクス未満の明るさとなったときから2秒以内に点灯で統一”されることになる。

この新基準に対応したクルマを手に入れるまでは、各自が意識して早めのライトオンを心がけたいもの。
特にオートライトのないクルマは、新基準の1000ルクスをイメージして早めのライトオンを心がけよう。

【関連記事】