前席2脚で1万円台を実現した車種別設計「シートカバー」


フロント1列に特化してコストを徹底削減
オープン2シーターからトラックまで設定

フロントシートのみのシートカバー製造にこだわる「Azur(アズール)」。リーズナブルな価格設定ながらも妥協なき素材選びや高い質感を誇る。しかも、車種別設計を行うことで、確かなフィッティングを実現。マツダ・ユーノスロードスターやホンダS660といった2シータースポーツから軽トラック、2トントラックまで幅広いラインアップを持っている。

アートトラックの内装といえば、金華山やモケットなどの布地系の生地がポピュラーだが、シートのみレザー(PVCレザー)にするのも効果的だ。
「Azur(アズール)」のシートカバーは、ベース車の純正シートからキッチリ型取りした専用設計なので、フィッティングはバッチリ。素材の質感も素晴らしい。
しかも軽トラ用が1万円+税、2トントラック~大型トラック用が1万5000円+税と驚きの低価格も実現している。
さらに取り付けもご覧のとおりカンタン!! DIY派の多いトラッカーには、まさに打って付けのアイテムといえるだろう。
また、営業車として使用されているプリウスやアクア、プロボックスなどのバン、ロードスターやコペンといった2シータースポーツなど対応車種ラインナップも多彩だ。

生地に使っているPVCレザーは本革に限りなく近い高い質感を誇る。汚れてもサッと拭き取れる実用的な素材だ。

座面やシートバックとサイドをつなぐ縫製はダブルステッチを採用。耐久性に優れ、高級感も演出する。

シートカバーの裏には厚さ10mmのスポンジを採用。シートに適度な張りを与え、快適な乗り心地も実現している。

安心の難燃性素材を採用。タバコの火が付いても生地が焦げたり焼けたりする心配はナシ!

アズール TEL0120-410-189 https://seatcover-azur.jp/

(レポート:トラック魂編集部)

【関連記事】