輸入車カスタムに“オレンジ”ブームの兆し【af imp.スーパーカーニバル2017】


ボディカラーを問わずクルマを引き立てる
派手な色合いが意外なる存在感を主張!

個性的なドレスアップを施した輸入車が集結した「af imp.スーパーカーニバル2017」。4月29日に東京お台場で初開催したスタイルアップしたインポートカーの祭典だ。
例年は大阪の舞洲会場での年1回開催だったが、5月14日の大阪以外に、ここお台場でもイベントを行うことになった。
会場には、スタイルアップコンテストに参加する約100台のユーザーカーが集まった。それぞれに個性派揃いなのだが、じっくりと見ているとある光景が。そう「オレンジ」カラーだ。

エアロパーツやホイールは他人とカブる可能性がある。個性を求めるドレスアップ派ならば、もっと違う部分で差別化を狙いたい、と考える人も多いに違いない。
「af imp.スーパーカーニバル」で目立ったのは、ズバリ『オレンジ』を部分的に使うことで、個性的な仕上がりと同時にイベントでの注目度も高める手法だ。
ほとんどのボディカラーにはマッチするはずだし、どこにオレンジを使うかはオーナーのセンスしだい。会場で見かけたドレスアップカーのうち、特にセンスよくオレンジを活用した車両を何台かセレクトしていこう。af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル

ミラーにホイールのリム、グリルやバンパーダクトのメッシュ、ワイパーにドアミラーとかなり多用したパターン。ボディカラーがシンプルなホワイトだけにインパクトは絶大!

af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル

フロントリップ/サイドステップ/リヤディフューザー/キャリパーと、下まわりに集中してオレンジを配置。ローダウンやエアロパーツのエッジ部分がより際立つ効果もある?

af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル

キャリパーをオレンジに塗装するのは、他のクルマでもいくつか例がある。唯一無二なのはロールケージ。人が乗らない後部なので、パッドではなくパイプに直で塗装している。

af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル

黒のフェンダーアーチにオレンジのホイールがよく映える。右側のホイールはもっと暗めのカラーを選んでいるところもいいセンス!

af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル

ホイールのリムとスポークの断面、そして室内はワンポイントじゃなくオレンジが主役。

af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル

他にも効果的なオレンジの使い方をしたクルマが多数。ブラックやホワイトのボディ色であれば目立つこと確実だし、赤など同系色ならさり気ないカラーコーディネイトになる?

(レポート&撮影:佐藤圭)

【関連記事】