艶やかな色調のマットカラーが増殖中!【af imp.スーパーカーニバル】


スパルタンなミリタリーからポップに
ツヤ消しカラーの使い方が変化した!

4月29日に東京お台場で開催された「af imp.スーパーカーニバル」。ドレスアップした輸入車の祭典に集まったユーザーカーは約100台。すべて6月10日発売のインポートスタイルアップカーマガジン「af imp.」の誌面で発表されるスタイルアップコンテストの参加車両だ。
それゆえ、どのクルマも個性的なドレスアップが施され、最新トレンドや流行を見ることができる。
そんな100台の中に、これまでの『マットカラー』ラッピングとは趣が異なるクルマが増えている。af imp.スーパーカーニバル

以前も何度かブームが訪れたツヤ消し(マット)のボディカラー。いずれもベース車両はスポーツ系だったが、方向性は軍用車をモチーフとしたミリタリー調がほとんど。
そのため色もブラックやグレーといった地味にならざるを得ず、華やかなドレスアップカーとの相性は今ひとつだった。

ところが最近は『ツヤ消し=ミリタリー』の先入観が崩れ始め、明るく目立つカラーでのツヤ消しが主流になってきた。
「af imp.スーパーカーニバル」でも車種を問わずツヤ消しのボディが多数。過去の常識をひっくり返した新しいムーブメントとして、全国に波及していきそうな予感がする。af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル
af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバルブルーやレッドとブラックのツヤ消しにペイントされたBMW3シリーズ。遠目に見ると純正でもありそうな色だけど、近づけば質感も雰囲気もまったく異なる。以前のミリタリー調のような、スパルタンさとは無縁の仕上がりだ。

af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバルミニを中心としたコンパクトカーは特にツヤ消しが多かった。暗めのカラーであればまるで系統の違う色や、メッキパーツなどをワンポイントで使うとますます引き立つのかも。

af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル af imp.スーパーカーニバル

高級オープンやセダンにSUVとカテゴリーを超えたブームの予兆。ミリタリー調とはかけ離れた、“高級”ツヤ消し路線という新ムーブメントが訪れている。

(レポート&撮影:佐藤圭)

【関連記事】