被せるだけでシートのホールド性がアップする「シートエプロン」


各部のパッドが運転中の疲労を軽減
1万円弱でバケットシートに変身!

純正や張り替えたシートを保護するのに有効的なアイテムといえば『シートエプロン』。
その進化版といえるモデルが、「グラッシー」の『立体3Dバケットタイプシートカバー』だ。
シートカバーのような高いフィッティングだけでなく、両脇の立体的なサイドパッドによって、バケットシートのようなビジュアルを備えたスグレモノ。
ホールド感も得られるため運転時に身体が揺れにくく、疲労を軽減する恩恵も受けられる。

身体とシートのスキ間を埋め、腰の負担を軽減するウエストパッドを一体化。
背もたれ部の側面には、大きく立ち上がったサイドパッドを内蔵し、ホールド性を高めている。

運転時の姿勢を補正したり、首の疲労を抑えるネックパッドも付属。
シートカバーと同じレザー色&ステッチカラーを踏襲し、センターもパンチング仕様となる。

カバーの生地は、PVCレザーを採用。ブラックレザー×レッドステッチと、ベージュレザー×ベージュステッチの2バリエーションを設定中だ。アダプター、ベルト、ファスナーを使って取り付けするため、確実な固定が可能。
シートカバーほどの手間もかからず、しっかりとフィットできる。

シートの保護/ホールド性の向上/疲労の軽減など、さまざまな効果が期待できる『立体3Dバケットタイプシートカバー』。しかも1脚分が1万円を切るコストパフォーマンスも魅力で、汎用設計なので誰でも恩恵を受けることが可能だ。
なお、高級感を高めたPVC仕様のほか、夏場に有効的なメッシュモデルも用意している。

グラッシー・立体3Dバケットタイプシートカバー
PVCレザー仕様(1脚) ¥9,936
メッシュ仕様(1脚) ¥9,180

グラッシー事業部 TEL078-766-8900 http://www.rakuten.co.jp/auc-tosho/

【関連記事】