クルマ好きならば行くべき『自動車博物館 [西日本編]』


週末はどこに行こう!?
西日本の穴場な「自動車博物館」6選

週末は自宅でマッタリもいいですが、せっかくならばお出かけしたいですよね。
というわけで、クルマ好きの読者へ向けて「自動車博物館」をピックアップしてみました。
西日本には、メーカー主宰の大型博物館から小規模ながら超レアな車両を展示したミュージアムまで、バリエーションが豊富ですよ。

 

トヨタテクノミュージアム・産業技術記念館(愛知県)

自動車館や繊維機械館などトヨタグループの歴史や技術を紹介。
サーキットなどのアトラクションを通じて、こどもと一緒に遊びながら学べる仕組みとなっている。

トヨタテクノミュージアム・産業技術記念館
住所:愛知県名古屋市西区則武新町4-1-35 TEL052-551-6115
営業時間:9:30〜17:00
入館料:大人¥500 中高生¥300 小学生¥200
http://www.tcmit.org/

 

カワサキワールド(兵庫県)

自動車の展示はないものの、船舶から航空機、バイクまで、川崎重工グループの歴史を知ることが可能。
Kawasakiの歴代マシンに触れたり乗れたり、ダイナミックな音と6つのスクリーンをつかったシアター施設など、大いに楽しませてくれる。

カワサキワールド
住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2-2(神戸海洋博物館内) TEL078-327-5401
営業時間:10:00〜17:00
入館料:大人¥500 小人¥250
http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/

 

ヌマジ交通ミュージアム(広島県)

乗り物と交通の歴史を見て、触れて、体験できるミュージアム。
2,000点以上の模型を中心に、自動車から航空機を体系的に展示するだけでなく、各種イベントも常時開催。週末には工作教室やスタンプラリーなど、ちびっ子に向けた催しが行なわれることもある。

ヌマジ交通ミュージアム
住所:広島県広島市安佐南区長楽寺2-12-2 TEL082-878-6211
営業時間:9:00〜17:00
入館料:大人¥510 小人¥250
http://www.vehicle.city.hiroshima.jp/

 

福山自動車時計博物館(広島県)

歴史的に価値のあるダットサン・フェートンのフルレストア車両やT型フォード、戦後に活躍した3輪タクシーをディスプレイ。
他にアンティーク時計、パイパー社の飛行機、ロウ人形、オルゴールなど、パラダイス感ある展示物も。ボンネットバスの試乗会も人気だ。

福山自動車時計博物館
住所:広島県福山市北吉津町3-1-22 TEL084-922-8188
営業時間:9:00〜18:00
入館料:大人¥900 中高生¥600 小人¥300
http://www.facm.net/

 

四国自動車博物館(高知県)

フェラーリ、ランボルギーニ、トヨタ2000GTといった日欧のスポーツカーが30台以上。
片山右京がハンドルを握ったF3000マシンや、2008年にGT500クラスでチームタイトルを獲得したTOM’SのSC430など、レーシングカー展示も魅力だ。

四国自動車博物館
住所:高知県香南市野市町大谷896 TEL0887-56-5557
営業時間:10:00〜17:00
入館料:大人¥800 高校生/大学生¥500 小中学生¥300
http://www.vistanet.co.jp/museum.htm

 

九州自動車歴史館(大分県)

“スクリーンを駆け抜けた名車”をテーマに集められたクラシックカー約70台。
ヨタハチやミゼット50などの国産車、スーパーカーブーム世代ならばランボルギーニ・ウラッコ&ロータス・ヨーロッパは必見。世界中のミニカーを集めたミュージアムショップも併設。

九州自動車歴史館
住所:大分県由布市湯布院町川上 TEL0977-84-3909
営業時間:9:00〜17:30
入館料:大人¥800 小人¥400
http://ret.car.coocan.jp/

 

【関連記事】