大相撲5月場所に「スカイライン」の懸賞幕が登場!!


浮世絵仕様に描かれた歴代スカイラインが
懸賞幕になって掲出されることが決定!!

今年で生誕60周年を迎えた日産の名車『スカイライン』。
これを記念し、歴代の全13モデルが描かれた懸賞幕が大相撲で掲出されることが決定した。
モチーフとなったのは、日本を代表する浮世絵画家”葛飾北斎”が描いた冨嶽三十六景。そこに浮世絵仕様のスカイラインが描かれることになる。
東京・両国国技館で5月14日~5月28日に行なわれる大相撲五月場所で見ることが可能だ。

これは「スカイライン」が生誕60周年を迎えたことを記念して制作されたもの。
懸賞幕は、 横綱・稀勢の里関や、 新入幕ながら先場所を見事勝ち越した宇良関の取り組みなどで掲出される予定。

 

葛飾北斎が描いた「富士山」の連作と、 常に時代の先端を駆け抜けてきた「スカイライン」の生誕60周年を重ねあわせた懸賞幕。
浮世絵として描かれるスカイラインは、 その一台一台が存在感を放ちつつ、冨嶽三十六景との見事な共演を果たしているという。
日産としても初の試みとなる懸賞幕の掲出。大相撲五月場所を見逃すな!!

 

大相撲懸賞幕 掲出概要

  • 掲出期間:大相撲五月場所(5月14日~5月28日)、 各日
  • 掲出取組:各日の横綱・稀勢の里関、 宇良関の取組みなど
  • 掲出方法:大相撲懸賞幕として、 所定の取組み前に土俵上にて掲出

 

スカイライン60周年記念イベント専用ホームページ

【関連記事】