トヨタ86後期用ストリート仕様の「バリス」エアロキット登場!


控えめのフォルムを採用しながらも
カーボンと塗り分けでレーシーに

「バリス」といえば『神風』と呼ばれるレーシングカーのようなボディキットが有名。
オーバーフェンダーやカナード、大型GTウイングなど、チューナーズギヤとしての意味合いが強い。
今回取材したトヨタ86後期型は、ある意味『神風』とは対局な存在。
ストリート仕様で張り出し感が少ない。ただし、レーシングスピリッツは『神風』から受け継いでおり、カーボンの成形技術などは目を見張るものがある。

86後期型用フロントスポイラーは、カーボンパーツに一部塗装を推奨している。
これは前期型からの共通パーツであるサイドステップも同じだが、パーツの一部をボディ同色塗装することで普通にエアロを装着するのと違って奥行き感を生み出す効果がある。

バリス

 

リアディフューザーは、カーボン製とハーフカーボン製の2タイプ用意。ハーフカーボンは、後方から見える部分のみをカーボンにしたもの。中央部分には、編み目が大きな12Kカーボンシートを使用して、より軽量かつ高強度な仕上がりとなっている。バリス バリス バリス白いボディということもあるが、カーボンパーツと赤いアクセントが、クルマ全体のフォルムを引き締める。フロントとサイドのカーボンパーツは、一部塗り分けの必要がある。バリス バリス バリス

 

リヤディフューザーの一部にも12Kカーボンの強度に優れたシートを使用。ライトウェイトトランクフードや、GTウイングハイパーナロー、リヤディフィーザーなどレーシングギヤ並みのクオリティを誇る。本物を求める人にオススメしたいパーツである。

PARTS LIST

  • フロントスポイラー ¥55,000(FRP)/¥68,000(カーボン+FRP)
  • シングルカナード 近日発売
  • サイドスカート ¥62,000(FRP)/¥88,000(カーボン)
  • リヤディフューザー ¥138,000(ハーフカーボン)/¥168,000(カーボン)
  • リヤディフューザー ¥10,000〜
  • サイドスプリッターフィン ¥16,000
  • GTウイングハイパーナロー ¥120,000〜
  • クーリングボンネットシステム2 ¥125,000〜
  • ライトウェイトトランクフード ¥86,000
  • ホイール:ボルクレーシングCE28(9.5×18 IN45)
  • タイヤ:255/35R18

(レポート:大野田 諭 撮影:藤井元輔)

【関連記事】


おすすめ記事
Recommended by