BMW 3&4シリーズで流れるウインカーを2万円以下で実現【PIVOT】


低価格で保安基準にも適合した
シーケンシャルウインカー コントローラー

純正LEDウインカーを流れる仕様にできる「PIVOT(ピボット)」の電子パーツ。
『シーケンシャルウインカー・コントローラー』は、これまでVWゴルフ7(GTI/R)やアウディA3とS3用を展開していたが、新たにBMW用が追加設定された。
対応は、3シリーズ(F30/F31)のLCIモデル。道路運送車両法の保安基準適合品なので安心して使える。

『シーケンシャルウインカー・コントローラー』は、外側のウインカー点灯を遅らせることで、近年の新型車に採用される連鎖式(シーケンシャル点灯)に変更。
マイコン制御で湿度や電圧変動による影響もなく、安定した動作を誇る。

35×51×23mmの⼩型ユニットでは、純正状態から最長0.1秒までの10段階に点灯調整可能。
取り付けは、テールランプのウインカー信号に本体の配線を挟み込むだけ。

2万円を下回るリーズナブルな価格を実現した『シーケンシャルウインカー・コントローラー』。
なお、BMW 4シリーズ(F32/F33/F36)も設定される予定だ。

PIVOT シーケンシャルウインカー・コントローラー ¥18,000

シーケンシャルウインカー・コントローラーの詳細はコチラ

ピボット TEL0263-46-5901
http://pivotjp.com

【関連記事】