カラーロゴを採用の『ピレリ・カラーエディション』日本市場導入へ


サイドウォールのロゴカラーは4色から
19インチ以上で先行予約スタート

「ピレリジャパン」は、「ピレリ」が開発した革新的な素材とプロテクションシステムによって生み出された『P ZEROカラーエディション』を日本市場へ導入した。
タイヤのサイドウォールには、鮮明な色とその定着性を向上させたカラーロゴを投入。
オーダー時に、スタンダードバージョンもしくはカラーエディションにするかを選択できるようになる。
“パーソナライズ”の追求に応えるべく誕生したカラーエディション。スポーツモデル「P ZERO」の19インチ以上で先行予約を開始。その後も拡張させる方針だという。

世界最高峰のモータースポーツ、F1で2011年から実現しているカラータイヤの経験を活かし、革新的なラベリングシステムをさらに改良。性能に影響を及ぼすことなく、カラーの光沢を維持し、色あせを防ぐ新素材を採用している。
基本カラーは、レッド、イエロー、ホワイト、シルバーの4色。リクエストに応じてオプションカラーも提供可能とのこと。
なお、『P ZEROカラーエディション』はピレリジャパンのホームページで先行予約できる。

このカラーエディション、欧州ではパガーニ、ランボルギーニ、マクラーレンに装着されており、今夏よりフェラーリ、アストンマーチン、ポルシェ、ベントレーに導入予定。日本市場では、赤モデルがマセラティのF1™制覇60周年を記念した特別限定仕様車「マセラティ・ギブリ スカテナート」とともにデビューする。

カラフルなタイヤをリリースするピレリ ジャパン www.pirelli.co.jp

【関連記事】