NISMO『LM GT4』ホイールに期間限定の”マットタイプ”が登場!


第2世代スカイラインGT-R用3サイズを設定
マシニング加工で施したNISMOロゴ入り!

日産スカイラインGT-Rユーザーを中心に人気を博している「ニスモ(NISMO)」の鍛造1ピースアルミホイール『LM GT4 マシニングロゴバージョン』に7月31日までの受注期間限定で”マットタイプ”が登場した。「NISMO」ロゴをマシニング加工で施すなど注目されること間違いナシの一本だ。

NISMO
BNR32型スカイラインGT-R用

「ニスモ」が展開している鍛造1ピースのアルミホイール『LM GT4』は、日産スカイラインGT-R乗りにとって王道だ。骨太の5スポークがR32、R33、R34といった第2世代と呼ばれるスカイラインGT-Rのフォルムにじつに見事なマッチングを見せる。
昨年発売された『LM GT4 マシニングロゴバージョン』は名前の通りスポーク部のNISMOロゴにマシニング加工を施して、GT-Rユーザーに大好評だった。NISMO

そして最新作として6月8日に発表されたのが『LM GT4 マシニングロゴバージョン マットタイプ』だ。
形状やサイズは変わらず、本体カラーに日産GT-R NISMO GT3で採用しているマットブラックを採用。よりスパルタンな印象を前面に押し出している。
スポークのNISMOロゴ部はマシニング加工(削り)を引き継いでおり、タイヤとホイールのズレを防止するローレット加工も継承。剛性や強度についても、スカイラインGT-Rに相応しい高性能を発揮する。

NISMO
BCNR33型およびBNR34型スカイラインGT-R用

サイズは9J×18~10.5J×18の3種類を設定。BNR32型、BCNR33型、BNR34型のスカイラインGT-Rがメインターゲットとなる。
ただし、こちらのオーダーは7月31日(月)までの限定で9月出荷開始である。
購入を考えるなら早めの判断が必要だ。これを逃すと2度と手に入らない珠玉のアルミホイールをぜひあなたの日産スカイラインGT-Rに装着していただきたい。

LM GT4 マシニングロゴバージョン マットタイプ

  • BNR32用:9J×18 IN22 ¥65,000(税別)
  • BCNR33・BNR34用:9.5J×18 IN12 ¥65,000(税別)
  • チューナーサイズ:10.5J×18 IN15 ¥68,000(税別)

※PCD114.3/5穴は共通。チューナーサイズは公道使用不可

スカイラインGT-Rのボディ剛性を高める
『アンダーフロア補強バー』が仕様変更

同時に「ニスモ」の『アンダーフロア補強バー』の仕様変更も行っている。
こちらは性能面に変更はなく、ロゴなどの細部が変わっている。補強バーはフロア下部に装着することでボディのねじれなどを軽減し挙動を安定させるもの。

アンダーフロア補強バーBNR32型スカイラインGT-R用フロント

日産スカイラインGT-R用としてラインアップされ、BNR32型のトランク用には航空機用ジュラルミンを、BNR32型フロント及びBCNR33型、BNR34用には炭素鋼管を用いるなど素材にもこだわりを見せている。第2世代スカイラインGT-Rにはぜひオススメしたいアイテムだ。

アンダーフロア補強バー

  • BNR32用:フロント ¥40,000/トランク ¥35,000
  • BCNR33用:フロント ¥40,000/センター ¥35,000
  • BNR34用:フロント ¥40,000/センター ¥35,000

(レポート:GT-Rマガジン編集部)

【関連記事】