ゼロヨン10秒台を記録する初代「セリカ」の秘密


激速ダルマセリカの心臓部は3S-G
ターボチューンで450馬力を発揮

1970年に登場した通称ダルマセリカこと「トヨタ」の『初代セリカ(TA20型系)』。ノッチバックボディのスペシャリティカーで、1973年に追加ラインアップされたのが「セリカLB」3ドアリフトバックだ。
6月11日に兵庫県セントラルサーキットで開催された「ClubRH9ゼロヨン&サーキット走行会inセントラル」で、このセリカが登場。
ゼロヨンタイムは10秒971を記録。ボディはオーバーフェンダーなどは付けていないのに、ワイドなドラッグラジアルを装着するなど、じつに見所満載のマシンだった。

RH9

このセリカのオーナーは子供の頃から初代セリカLBに憧れていて、初の愛車として1991年に中古1975年式を購入したそうだ。
一見、ストックボディのように見えるが、ドアはFRP&アクリルガラス付き。現在はフロントフェンダーもFRPと軽量化を施す。上の写真を見えればわかると思うが、リヤタイヤは極太のドラッグラジアルを装着。そのサイズは275/50R15(ミッキートンプソン製)。レイズ・ボルクレーシングTE37の8J×15IN15を組み合わせ、オーバーフェンダーを装着しないでボディからタイヤがはみ出さないセッティングを実現したという。
「ボディ形状を変えないことがこだわりです」とオーナーは語る。

しかし、純正ホイールハウスにこのサイズのタイヤを納めるのはさすがに厳しく、インナー側はスペースを拡大する加工を施している。RH9

ちなみにフロントは、205/50R15のポテンザRE710に同じくTE37を装着。ただし、ストラットはトヨタAE86型カローラレビン/スプリンタートレノ用に換装。そのおかげで日産R32型スカイラインGT-Rのブレーキキャリパーを装着できるようになったそうだ。
もともと車重が1tと軽量なため、これだけで十分な制動力を発揮するそうだ。セリカ

18R-Gから3S-Gへ換装してT78タービン搭載

さて、搭載するエンジンだが、以前は2リットル直4DOHCの18R-G型を搭載していた。
これを2.2リットルに排気量アップするなどのメカチューンを施しNOSをプラス。トヨタ・スープラ用のトランスミッションをベースにクロスレシオの強化ギヤを投入するなどで、ドラッグレースを楽しんでいたそうだ。ところがレース中にエンジンが発火してブロー。

そこで新たに投入したエンジンが、トヨタMR2用の3S-G型2リットル直4DOHCエンジンだ。これにトラストのT78-33Dタービンをセットして、アペックス製パワーFCで制御して450psを発揮。トランスミッションは、HKS製の6速シーケンシャルを搭載する。

インテリアを見ると、ステアリングコラム前にはオートメーター製大径タコメーターのほか、各種メーターが配されているが、ダッシュボードが純正なのでノーマルのイメージをしっかりと継承している。

足回りは、リンク関係はかなり変更を施しているそうだが、ホーシングはノーマル。18R-G型エンジンを搭載するRA25型セリカは、純正リヤデフが7.5インチと大容量なので、このエンジンのパワーを受け止めるデフを搭載できるそうだ。セリカ

このように初代セリカのノーマルフォルムをキープしつつ、ゼロヨンを10秒台を記録するドラッグ仕様ができあがったわけだ。

ClubRH9ゼロヨン&サーキット走行会inセントラルを開催するRH9グループ

http://www.club-rh9.com/

(撮影:伊藤吉行)

【関連記事】


おすすめ記事
Recommended by