VIPの象徴「ムートンカバー」は何処へ…【第14回 カスタム回顧録】


シートやダッシュボードでモコモコ!!
90年代の内装マストアイテムだった

セダンや4ドアハードトップが流行した1980〜’90年代初頭。当時のセドリック、クラウン、マークIIといった「ハイソカー」のシートといえば、ワインレッドやブルーなど、ナウい色合いが採用されてました。
バブルの影響なのか、シートデザインも応接室にあるソファーのような…。ちょいとテカリのあるモケット素材など、まさに”昭和の豪華絢爛”だったのです。バブリーな内装は、お父さん世代には懐かしく、若者には斬新に映るでしょう。

そんな当時からしばらくして、流行した内装カスタムといえば、これまたバブリーな『ムートンカバー』。
羊の毛皮を使ったムートンは、見た目もゴージャス。毛皮がモテはやされた時代でもあり、”豪華絢爛”をさらに盛り立てるにはマストアイテムだったんですね。そんなムートンは、シートカバーやフロアマット、ダッシュボードマットで恰好の素材となったのです。

 

このムートン。幅広い車種で見かけられたが、なかでも支持されていたのが、VIPセダン乗り。
セカハン(セカンドバック)を脇に抱え、颯爽と愛車に乗り込む…。そういえば、ドアを開けた際に目に飛び込んでくる”土足厳禁”の文字も印象的でした。助手席の足元には、靴を置くためのトレーを設置し、フロアマットやシートを汚さないように徹底したものです。

ちなみに、いま密かに再ブームを迎えつつあるとか。冬場は暖かいし、いまのクルマに取り付ければハイソーカー的なクッションも得られる。
まっ、人生イロイロ、クルマもイロイロだけど、当時のインテリアはモコモコが良かったのでございます。

オシマイ

(イラスト:自由絵師本舗・秋田昌宏)

【関連記事】