ダイハツ「コペン」誕生15周年を記念した『星空イベント』開催


オープンなコペンらしく星空観賞!!
2017年10月に岡山県美星町で開催

初代は2002年、2代目は2014年に登場した軽オープンスポーツカー「コペン」。じつは、両モデルともに発売日は6月19日なのである。
ダイハツ工業(以下、 ダイハツ)は、この「コペン」誕生15周年(フルモデルチェンジ3周年)を機に、「LOVE LOCAL by DAIHATSU」の新たな取り組みを敢行。星空の観賞をメインとしたイベントを、10月14日(土)に岡山県井原市美星町で開催することを発表した。

ダイハツは、 2017年3月に刷新したグループスローガン「Light you up」のもと、モノづくりとコトづくりで事業を推進。このイベントは、 ユーザーや地域の人々との接点拡大に重点を置いた「コトづくり」活動の一環であり、 2014年にはコペン100台を集めた星空鑑賞イベントをさらに進化させたものだという。

10月14日(土)に岡山県井原市美星町で開催するイベントは、200台を対象に満点の星空の下、コペンファン同士の交流と一体感を高めるという。応募開始ならびにイベントの詳細は、七夕の7月7日(金)にコペン専用サイト内での発表を予定している。コペン イベント

今後もダイハツは、コペンに限らず、すべてのダイハツ車のユーザーを対象に、地域に密着したファン交流イベントを積極的に実施していく。

コペン15周年記念イベント専用ホームページはコチラ

【関連記事】

前席2脚で1万円台を実現した車種別設計「シートカバー」
コペンのリヤフォルムを変える「チタンマフラー」など3選

おすすめ記事
Recommended by