ハイエースの祭典「ハイスタミーティング」で驚愕カスタマイズ発見!


ハイエーススタイルミーティング・東北福島
トレンド満載のユーザーカー40台拝見!!

6月18日(日曜日)、福島県で行われた震災復興支援『ハイエーススタイルミーティング・イン・東北福島』。
スタイリッシュにカスタムしたトヨタ・ハイエース約100台が「福島・グランデコリゾート」に集結し、カスタムコンテストなどで大いに盛り上がった。
標準ボディ&ワイドボディ、ローダウンやリフトアップと、カスタムの内容はさまざま。
シンプルメイクから、派手にコーディネイトしたユーロスタイルまで、ハイエースの流行りを集約した40台をピックアップしよう。ハイスタ ミーティング

 

驚愕のオールミラー・ラッピング!!

トヨタ・ヴォクシーの純正バンパーを加工装着し、ワンオフメイクを満載したトヨタ・ハイエース(標準ボディ)。
足元にはBBSのホイールをチョイスし、エアサスを装備するなど総額300万円オーバーのカスタマイズが施されていた。

 

オーバーフェンダーで描く迫力のスタイル

『エセックス』のワイドフェンダーに、フロント9.5J/リヤ10.5Jの深リム2ピースホイール『ENCM』で武装。
フロントは『ビーキャス』のフルバンパーを加工し、ダミーインタークーラーを備えるなど、ハイエース・カスタムの流行りを取り入れた。ハイスタ ミーティング カスタム

 

 

ハイドロリンクサスで実現した超ローダウン仕様

フェンダーのプレスラインをスムーシングし、シンプルなフォルムを描く1台。
とはいえ、フェンダーを叩き出してワイドルックに仕上げるという裏ワザも採用。走りのイメージも高められた1台である。

 

今回の「ハイエーススタイルミーティング・イン・東北福島」の模様は、ハイエーススタイルVol.67(7月31日発売・交通タイムス社刊)に全車掲載。
ハイエースの最新カスタムシーンは、要チェックだ!!

(レポート:ハイエーススタイル編集部)

【関連記事】