失敗しないヘッドライト用LEDバルブの選び方【ケルビン数とは】


ケルビン数が変わるとどうなる?
見やすさは?車検は?の疑問を解消

今回の「LEDバルブのすべて」は、ケルビン数についてレクチャー。
そもそもケルビン数とは、光の色を数値で表した「色温度」のこと。HIDやLEDのヘッドライトには、6,000Kといった感じでバルブの色温度が記載される。この”K”がケルビンという単位となるのだ。

ケルビン数とは

LED&HIDヘッドライトでは、3,000〜10,000とケルビン数を設定して販売される。
「ケルビン=色温度」ということは数値によって色味が変わるのだが、その見え方はどう違うのだろう。
数値の差を理解すれば、自分好みのヘッドライトバルブが見えてくるはずだ。

ちなみに色温度は、物体が放射する光の温度。ライターの炎で赤い部分(根っこ)の温度は低いが、先端は温度が高いため青白くなっている。無着色のバルブの場合、光量(カンデラ数)が高くなるほどに、色温度は高くなる。

ケルビン数とは

 

【4000K前後】
見た目より見やすさ重視

まず、純正ヘッドライトのケルビン数は、3,500〜4,500Kほど。
やや黄味がかかった色温度のためにオシャレさは欠けるが、広範囲に光が伸びて視界は見やすい。

 

【6000K】
見た目と見やすさを両立

LED&HIDヘッドライトで主流なのが、この6,000K前後。見た目が美しい純白の発光色にくわえ、路面の白線もくっきりと照らし出すので明るさも際立つ。
なお、明るさを表す単位をルーメン(単位lm)というが、4,000〜6,000Kが明るく実用的と言われている。

 

【8000K】
ドレスアップにも有効な発光色ケルビン数とは

6,000Kよりも青みがかった印象となるのが、8,000K。
淡いブルーの発光色はファッション性は高まるが、視認性は若干劣ってしまう。カスタム感が欲しい人にはオススメだが、他にも難点はある(詳細は後述)。ケルビン数とは

 

【10000K】
見た目のインパクトはあるが実用性は劣るケルビン数とは

10,000Kともなれば、ほぼブルーに近い発光色となる。
点灯時では強烈なインパクトを放つものの、明るさで言えば最も非実用的で暗い印象。
そのため、照射範囲も狭くなる。

 

4500〜6000Kがベストバランス

このようにケルビン数は、5,000K(白)を基準に数値が高いほど青くなる。逆に低くなると黄色が強くなり、イエローに発光する3,000Kも存在。こちらはフォグランプに有効だ。
そして、数値が高くなる(低くなる)ほど、明るさを示すルーメン数も低下。すなわち、最もバランスに優れるのは5,000〜6,500K。もう一度、ケルビン数による見た目の変化をおさらいしたい。

ケルビン数は車検にも影響する

もうひとつ、気になるのが車検の問題。
平成27年9月より、ヘッドライトの検査基準がハイビームからロービームへと変更。光軸、光量、カットラインが検査対象となるが、色味も「白」と決められている。
このケルビン数(色温度)には明確な基準がなく、検査員の目視で判断。明らかにブルーがかった色では車検に通らない可能性がある。
よって、車検を意識するならば4,000〜6,000Kが妥当。なお、平成17年式よりも以前のクルマは黄色でもOKだ。

ちなみにLEDでは、3,000Kのイエロー発光から6,000Kの純白光が主流。
それ以上になれば、LEDに色付きカバーを被せてバルブの発光色を変える設計となるため暗い。よって、ブルー系の発光色ならばHIDを選択するほうが賢明かもしれない。

ちなみに、色温度が低い方が光の波長が長く、高いと波長は短くなる。光の波長が長い方が空気中の浮遊物(チリや雪など)に影響されにくく、遠くまで投射できる。フォグライトが黄色のバルブやレンズを使用するのは、空気中に霧があっても遠くまで光を届けようとしているからだ。

次回の「LEDバルブのすべて」では、正しいLEDヘッドライトの選び方を紹介。お楽しみに!!

【関連記事】