時代はアゲ系?ハイエース・ドレスアップに新潮流


ノーマルサスでリフトアップ風に魅せる
アイテム追加でワイルド感をアップ!

トヨタ・ハイエースのドレスアップといえば、大径ホイールに車高ダウン、エアロパーツが定番だった。
が、近年はカジュアルキャンプが流行していることもあり、ワイルドなオフロード系に仕上げることが密かにブームになりつつある。
そんなオフ系にドレスアップしたのが「ナックス名古屋」のハイエースだ。オフロード系ホイールにブロックタイヤ、バンパーガードなど、スパルタンな出で立ちになっている。

HIACE

「ナックス名古屋」が新たに提案するのは、トヨタ・ハイエースをベースにした話題のカジュアルキャンプにもピッタリな、ラフに楽しめるオフ系スタイル。
オフ系ホイールとブロックタイヤ、ルーフキャリアにバンパーガードなど、郊外が似合うアウトドア的な一台で、一見アゲ系にも見える車高は、実は一切手を加えていない。HIACE
本気のリフトアップは、足まわりの交換作業に相応のコストと手間がかかるなど、意外とハードルが高い技であることに着目。今作はもっと気楽に楽しんでもらえればと、アゲ感のあるスタイルを維持するために車高はあえて触らず、パーツやラッピングだけでそれ風を演出した、技ありのメイクなのだ。HIACE

現状は正式にコンプリート化はしていないものの、要望があれば同じノリで製作することは可能とのこと。純正車高で楽しむ新ジャンルの開拓案として、参考になるクルマだ。

 

ひと目でオフ系とわかるパーツを装着

バンパー前にそびえる派手なバンパーガードや強烈な光を放つLEDライトは、郊外を走るアクティブなオフスタイルにドンピシャなアイテム。これだけでも、十分それらしく見える!

ルーフキャリアやテールガードも、オフマインドを刺激する注目のアイテム。トヨタエンブレムは、艶消しに塗装したうえ、ベースに迷彩のステッカーを貼り込んだチョイドレ仕様。

サイドやバンパーに施した模様は、象の皮膚を模したエレファント柄。複数のラッピングシートを丁寧に貼り込み、凹凸感を見事に再現!

HIACE

 

シンプルで上質なインテリアを演出

休憩や車中泊に使えるベッドキット、利便性の高いコンソールなどは、すべてクラフトプラス製。HIACE

ハイエースに新たなドレスアップシーンを提案するナックス名古屋

ナックス名古屋 TEL052-807-1271 http://www.nacs-group.netp