どこでも“ジューク”ボックスでフィーバー! なJUKE【クロスファイブ2017 TOKYO】


後期フェイスをスワップして小粋にカスタム
アメリカンなオーディオメイクに注目

7月17日、味の素スタジアム(東京)で開催された「クロスファイブ2017 TOKYO」に登場した日産・ジュークは、リヤラゲッジのオーディオメイクや、フロントフェイスを後期ルックにしたエクステリアなどが注目だ。古き良きアメリカンを薫らせた見どころ満載な一台を紹介しよう。

『ライトニングオーディオ』のウーファーを4連装したラゲッジオーディオは、ジュークボックスのイメージでフルカスタム。
1970年代の大ヒット映画「サタデイナイトフィーバー」のジャケットが、なぜかイカしてるぅ〜。

フロントバンパーやヘッドライト、フォグにフェンダーなどは、ジューク後期用を移植。
メッシュグリルはプロショップ『dc601』のオリジナルだ。リヤバンパーにはヒッチカーゴをセットするなど、アレンジもうまい。これならラゲッジがオーディオで埋まっても、荷物の運搬には困らない!?(当然ながら、雨天時は濡れると困るものは無理だけど)。

ホイールは、『クリムソンRS CVワイヤー』の20インチをセット。
左側はイエローにカスタムペイントして左右で異なるイメージを演出。ボディカラーと相まって、小粋な雰囲気を醸し出している。

「ジューク」にジュークボックスという、ちょっとダジャレ的なカスタムだが、おしゃれでユニークな点はかなり注目だ。