日産R35GT-Rが劇的に変化したイヤーモデルとは【MY14試乗レポート】 (1/2ページ)


R35GT-Rの第2章は’14年モデルから始まった
長距離ドライブで感じた新たな乗り味とは!?

2007年12月に発売されて以降、毎年進化を遂げてきた日産自動車の「GT-R(R35型)」。
衝撃のデビューから丸10年が経過するが、着実にエボリューションを重ねている(最新型は2017年モデルのMY17)。
そんなR35GT-R史の中で、最も劇的な変化があったのが、開発陣が一新された2014年モデル(通称:MY14)である。歴代スカイラインおよびGT-Rを知り尽くすモータージャーナリスト・西川 淳氏の試乗レポートを振り返ってみたい。

2014年モデルに設定された、600㎰を誇る「GT-R NISMO」の受注が好調で、予定の生産計画では追いつけないほど、らしい(2014年当時)。そう、時代は確かに「MIZNO(前CPSだった水野和敏氏の意)」から「NISMO(ニッサンモータースポーツ)」へと、移り変わったのだ。同時に登場した基準車の2014年モデル(以下、MY14)もまた、R35型GT-R(以下R35)の歴史において大きな節目となるモデル。
そのコンセプト変換は、R35をデビュー当初から追い続けてきた者にとって、フルチェンジ級の衝撃だったかもしれない。GT-R NISSAN R35 MY14

MY13までの水野和敏氏に代わって2013年4月からGT-Rの新チーフ・プロダクト・スペシャリスト(CPS)となった田村宏志氏(以下、敬称略)は、着任第一声で、こう宣言した。
「GT-Rは進化し続ける」と。そして、その“変わらぬ”姿勢は、「開発最初期からの10年超にわたる、地道な試行錯誤の果てに築き上げた揺るぎない基礎」の上だからこそ、これからもまた成り立っていくのだ、と……。この短いフレーズにこそ、田村がGT-Rに注いだ思いの丈の深さと、心機一転たる新たな道筋へのヒントが秘められていた。
なかでも“開発最初期”そして、“10年超”という二つの言葉。それはまさに、田村の意地の表れだ。GT-R NISSAN R35 MY14

最初期とは、(R35の開発が水野の手で正式に始まった)2004年初頭の頃を指しているのではないはずだ。それは、あくまでも2000年に始まった“R34(BNR34型スカイラインGT-R)後継GT-R”の先行開発のころ、であるはず。さらに具体的な成果物で言うなら、それは、2001年の東京モーターショーに出品された“GT-Rコンセプト”のことを指しているだろう。そうでなければ“10年超”という表現にはならない。
GT-Rコンセプトを描き上げたのは、ほかならぬ当時のミスターGT-R、田村宏志その人であった。GT-R NISSAN R35 MY14

2007年12月デビュー後のGT-R“ミズノ”は、田村の目に“地道な試行錯誤”の連続に映っていたのかもしれない。われわれジャーナリストはそれを、モデルイヤーごとの進化、時には深化とさえ呼んできた。結局、水野が目標とした全貌を体験するには至らなかったけれども、進化のプロセスそのものは、凄まじいものだった。
例えば。デビュー後の1年間における急激な進化に戸惑い、MY11における強烈なマイナーチェンジでは手放しで絶賛し、MY13では再びマニアックな方向へと深化を遂げた性能に驚嘆もした。それらをひっくるめて地道な試行錯誤であると、田村がひと言で片付けようとしているようにも聞こえるわけだが、結果的に、その試行錯誤が“揺るぎない基礎”になっているのだと、最後に彼自身もまた認めていることにこそ、われわれは注意を払うべきだろう。

要するに、“モノは素晴らしい”。日本の自動車産業が、否、モノ造りが生んだ最高の素材。それが、GT-R。そのネーミングに、ひと通りではない思いを抱く新シェフ=“田村宏志”は、果たして、MY14となるスタンダードモデルを、いったいどのように調理したのだろうか……。小さなサーキットとその周辺で行なわれた試乗会では、あくまで試食レベル。存分に味わってみるために、2014年1月、われわれは冬の京都へとMY14を走らせた。比較用に、程度のいい初期型のMY08(2008年モデル)も同行。
黒いボディカラーに、明るいオフホワイトのファッショナブルインテリア。新色がどうのこうのという以前に、相変わらず革巻きが似合わないんだよなぁ、と、6年前から諦めたっきりのインテリアを眺めつつ、すでに“懐かしい”という思いに近い感慨を抱いて、スタートボタンを押した。GT-R NISSAN R35 MY14

【↓次ページに続く↓】