伝説の4台が蘇る!! 日産のデザイン力と歴史を体感【オートモビル カウンシル 2017】


「時代の最先端デザイン」をコンセプトに
当時のホンモノが蘇る、美しき4台を展示

8月4日(金)〜6日(日)の3日間、『AUTOMOBILE COUNCIL 2017』(以下、オートモビル カウンシル 2017)が千葉県の幕張メッセで開催される。「クラシック・ミーツ・モダン」をテーマに、 日本車メーカー5社、輸入車メーカー2社、ヘリテージカーの販売店19社が出展。往年の名車100台以上を最新型車とともに展示や販売が行なわれる。
出展メーカーのひとつ、日産自動車株式会社(以下、日産)では、「時代の最先端デザイン」をテーマに4台を展示。3台のヘリテージカーにくわえ、今年1月に北米国際自動車ショーで発表したコンセプトカー「Vmotion 2.0」を配置し、セダン・デザインの方向性やニッサン・インテリジェント・モビリティの技術が体感可能な演出などを行なう。

デザインに対する挑戦の歴史を垣間見れる、展示車両4台の詳細はこうだ。

 

【ダットサン14型(ロードスター)】

1935年、当時の日本では未曽有となる大量生産(年間2万台規模)に取り組んだ初のモデル。
この『ダットサン14型』のデザインは、のちに工業デザイナーやエンジニアとして著名となった富谷龍一氏によるもの。武骨なダットサンを、スラントノーズをもつ流麗で小粋なスタイリングへと変貌。
ボンネットフード上にあるウサギのマスコットも同氏が手掛けたものだ。オートモビル カウンシル 2017

 

 

【プリンス・スカイライン スポーツクーペ】

イタリアの名デザイナー「ジョバンニ・ミケロッティ」が描く『スカイライン スポーツ』。
1960年、トリノ国際自動車ショーでお披露目し、本場イタリアのデザインを採用した日本初の高級スポーツクーペとしても知られる。
展示車両はイタリアで製作され、トリノで出品されたショーカーそのもの。ローマオリンピックを記念したインサイドミラーの五輪マーク、グリルのバッジやエンブレムなど、生産モデルとは異なる意匠を見ることが可能だ。オートモビル カウンシル 2017

 

 

【ニッサン・シルビア(CSP311型)】

1964年に東京モーターショーで公開され、 翌年4月に発売された初代『シルビア』。
ギリシャ神話の女神に由来した車名のとおり、流麗なエクステリアが特徴だ。フェアレディ1600(SP311型)のエンジンとシャシーをベースに、この美しいフォルムや革内装などはセミ・ハンドメイドで仕上げられたという。
当時120万円という当時としては高価格。1968年までの3年間に550台ほどしか生産されなかった幻の名車である。

 

 

【Nissan Vmotion 2.0】

『Vmotion 2.0』は、忙しいビジネスマンに向けて未来のモビリティを提案するコンセプトモデルだ。
日産のアイコンである「Vモーション」は、ボリュームと立体感を与えることで進化。フロントはシャープかつ表情豊かな面で構成し、サイドには美しく鮮明なキャラクターラインを採用する。
自動運転支援技術「プロパイロット」の作動時に点灯する日産エンブレムを囲むライティングは、同社が目指す「ゼロ・エミッション」や「ゼロ・フェイタリティ」社会の実現に向けた「ニッサン・ インテリジェント・ モビリティ」の将来を示唆している。オートモビル カウンシル 2017

 

なお、「オートモビル カウンシル 2017」では日産ブースにて『スカイライン スペシャル ラバーストラップ(¥500)』を再販。
初代から現行まで全13モデルを再現した人気アイテムは、会場内のカプセルトイにて購入可能だ。

 

この4台が一堂に見られるのは「オートモビル カウンシル 2017」のみ。
ご興味ある方は、ぜひ足を運んで欲しい。

【オートモビル カウンシル 2017 開催概要】
日時:2017年8月4日(金)から6日(日) 9:00~18:00
最終日のみ17:00まで。4日(金) 9:00~12:00は一般入場不可
会場:幕張メッセ 4/5ホール(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

「オートモビル カウンシル 2017」公式サイト