静粛性の高いハイブリッドカーこそ高音質スピーカーの実力が発揮できる!


50プリウス(PHV)に採用したのは
価値アリなエンクロージャータイプ

車種ごとに入念な検証を重ねた車種別専用設計『Sonic PLUS(ソニックプラス)』。
ボルト&カプラーオンの装着が可能なため、工賃を抑えることもできるスピーカーパッケージとして人気を呼んでいる。「ソニックプラスセンター豊田」は、数多くの50プリウスに『Sonic PLUS』を施工。その魅力を聞いて見た。
「50プリウス(PHV)では、ドアの内張りに内圧センサーを使用しているためデッドニングを施工することは不可能。『Sonic PLUS』はエンクロージャー(スピーカーボックス)一体型スピーカーを採用するので、通常のオープンエアタイプのようにドアの内部に音は行きません。つまり、デッドニングをしないでも、純正スピーカーと交換するだけで高品位なサウンドを実現することができます。また、信号待ちなど車外への音漏れを気になることもありませんね」とは矢野店長。

このプリウス(PHV)専用の『Sonic PLUS』は、スタンダードとハイグレードの2モデルをラインアップ。いずれも純正デッキやAVナビ一体機の内蔵アンプとの組み合わせを考慮してチューニングされており、明瞭感の高い音質を実現する。

 

コスパが高いスタンダードモデル

ドアパネルの共振を防いで高音質を実現する、アルミハイブリッドエンクロージャー一体型のドアウーファーモジュール。
同じくリヤドア用にもフルエンクロージャー一体型スピーカーパッケージを設定。デッドニングも不要で、クリアな中低音域を放つとともに車外への音漏れを防ぐ。SP-P50E sonicPLUS*上記画像はSP-P50E

SP-P50E(フロントセット)¥65,880
SP-P30RE(リヤセット)¥37,800

 

より高密度な音質を放つハイグレード

ハイグレードモデルには、剛性の高いCMF(クロスマイクロファイバー)振動板を採用。
ツィーター横に見えるのがネットワークの一部となり、緻密で情報豊かなサウンドを追求できる。リヤスピーカー用『SP-30RM』との組み合わせにより、本格的なフルエンクロージャーシステムが構築可能だ。

*上記画像はSP-P50M

SP-P50M(フロントセット)¥113,400
SP-P30RM(リヤセット) ¥77,760

 

50プリウス(PHV)には、内張りの白い樹脂部分に内圧センサーが設置されるためデッドニングが不可能。『SonicPLUS』はエンクロージャー一体式のため、防振加工の必要もなし。SP-P50 sonicplus プリウス

純正スピーカー(各左側)との比較。スピーカー背面部を箱型にしたエンクロージャー構造により、音の濁りや漏れを解消。
純正アンプのまま、大きなパワーを使わなくてもしっかりとした細かなサウンドを放ってくれる。SP-P50 sonicplus プリウス

 

 

すべてがボルトオン&カプラーオンで装着できるため、乗り換えの際に資産価値を損なう心配もなし。
プリウスの持つ静粛性はそのままに、上質なサウンドが楽しめるスピーカーシステムといえるだろう。

 

ソニックプラスセンター豊田 TEL0565-27-8880
http://www.toyota.audio