出会い頭事故の確率を低減する「マルチビューカメラ」の実力をチェック


クルマの前端に装着したカメラで
周囲の様子をモニターに表示する

見通しの悪い交差点などで、いち早く周囲の状況をモニターに映し出すことができるのが「データシステム」R SPEC『マルチVIEWカメラMVC811』だ。
フロントでもリヤでも使用できる車載カメラで、4つのアングルと2つの合成画面からなる6種類の表示パターンで安全運転をサポートする。

rspec

クルマ同士の事故のパターンで、追突に次いで多い〝出会い頭衝突〞(警察庁・交通事故統計より)。一時停止を怠ったり、優先道路を勘違いしたりと理由はさまざまだが、「建物などで見通しの悪い交差点で、相手車両を見落としてしまった」というケースも多い。rspecそこでドライバーの安全確認を視界の悪い交差点への進入や駐車時などに威力を発揮!助ける〝第3の目〞としてオススメなのが『マルチVIEWカメラMVC811』(1万6800円・税別)だ。これは、正像/鏡像(左右反転)映像の出力切替が可能で、フロントにもリヤにも使える車載カメラ。rspec

バックカメラとしても使える。カメラケーブルを車内に引き込みやすい極細コネクター、電源ユニットレスのコンパクト設計など、取り付けのしやすさもポイントだ。 rspec

水平画角最大180度、垂直画角最大120度と幅広い領域を映し出し、さらに4つのアングルとふたつの合成画面からなる6つの表示パターンで、安全運転をサポートする。

<スーパーワイドビュー+コーナービュー>rspec

<コーナービュー>rspec

<スーパーワイドビュー>rspec

<スーパーワイドビュー+トップビュー>rspec

実際に使ってみると、脇道から大きな通りに出る際に、ワイドな画角で死角をカバー。
運転席から身を乗り出すことなく、左右から近づくクルマや歩行者、自転車を認識することができた。
ちなみに、上記のモニター映像は下の写真の停車位置での見え方だ。rspec

カメラアングルは2タイプを設定。ノーマルビューに比べ真上から見下ろしたようなトップビューは、駐車時、車輪止めにエアロやマフラーが当たるのが心配……というときに便利だ。

<ノーマルビュー>rspec<トップビュー>rspec

見通しの悪い交差点への進入や、狭いスペースへの車庫入れなど、さまざまなケースでドライバーをアシストするマルチVIEWカメラ。ピン端子出力によって幅広いナビ/モニターに対応するのも嬉しいポイント。
カメラは、角度/高さ/奥行きを自在に調整できるマルチステーで装着できる。
また、ナンバープレート下にスッキリと装着できる別売りの『ナンバーステー』は3000円(税別)。ステーは、ナンバーのネジで共締めして固定する。
rspec rspec

マルチVIEWカメラMVC811
¥16,800(税別)
rspec

データシステム TEL086-445-1617 https://www.datasystem.co.jp