流行のアゲ系メイク!! 「GF」がメルセデス・Gクラスで実践


「GF」ショックのリフトアップ版を
インストールしたワイルドスタイル

数年前からGクラスのカスタマイズといえば、オフロードっぽいアプローチを足もとに反映させるのがトレンド。そのなかで、メルセデスベンツ・Gクラスにおけるカスタマイズの第一人者、「ゲレンデヴァーゲンファクトリー(以下GF)」もリフトアップ系メイクに参戦してきた。
ファンの間で急速に支持が広がっているカスタムトレンド。しかも、ブロックタイヤ&ラッピングでさらにブラッシュアップされていた!ゲレンデヴァーゲンファクトリー W463

まず、ホワイトボディのG350dのリフトアップ量は約2インチ。これならば、立体駐車場などでルーフが天井に当たる心配もなく街乗りを楽しめる。
そして、AMG純正フェンダーから4cmのボリュームアップを誇る「GF」オーバーフェンダーとの組み合わせでブロックタイヤを難なく飲み込ませた。これによりハンドルを切った際にタイヤがインナーフェンダーに干渉せず、ストレスなく走行することができるというワケだ。
さらに、ラッピング&塗装で希少な特別仕様車「G63エディション463」をオマージュしたルックスに仕上げたのである。ゲレンデヴァーゲンファクトリー Gクラス W463

迫力のオーバーフェンダーは「GF」製。
同じく、足元にはフロント50mm/リヤ60mmの「GF」製ワイドトレッドスペーサーをセットした。ゲレンデヴァーゲンファクトリー Gクラス W463

AMG純正ホイールにブロックタイヤを組み合わせ。
センターキャップは、AMGのエディション系純正パーツを流用した。ゲレンデヴァーゲンファクトリー Gクラス W463

 

次に、オレンジボディが目を惹くベースはG500。”クレージー”カラーを彷彿とさせるブラッドオレンジ×サテンブラックにラッピングした特別仕様で、4インチアップの『ビッグショック』を採用する。
また、新作のカーボン製ルーフバイザースポイラーにLEDライトバーを組み合わせ。さらにタフなイメージを実現した。ゲレンデヴァーゲンファクトリー Gクラス W463

ボンネットやエアロウインカーも同じく「GF」製。
AMGのフロントバンパーに「GF」製カーボンリップを組み合わせ、フロントアンダーガードは「イディオム」でタフネスさを表現。ゲレンデヴァーゲンファクトリー Gクラス W463

両サイドにはエアダクトが入る『GF』製リアスポイラーは、タフなイメージのボトムが特徴だ。
リアタンクカバーはイディオム製。ゲレンデヴァーゲンファクトリー Gクラス W463

スプリングのコイル径を太くすることで従来より1.5倍も強化。
走行時のロールが気にならない4インチアップでのセッティングとした。ゲレンデヴァーゲンファクトリー Gクラス W463

 

Gelendewagen Factory G-Class

リップスポイラーII (FRP/カーボン) ¥98,000+税/¥168,000+税
リアリップスポイラー ¥168,000+税
エアロウインカー(FRP/カーボン) ¥72,000+税/¥90,000+税
ミラーレスバッチ(FRP/カーボン) ¥12,800+税/¥16,800+税
エアロボンネットII(FRP/カーボン)   ¥258,000+税/¥358,000+税
バグガードスポイラー(FRP/カーボン) ¥68,000+税/¥90,000+税
リアウイング(FRP/カーボン) ¥148,000+税/¥198,000+税
リアスムージングバッチ(FRP/カーボン) ¥12,800+税/¥16,800+税
ルーフバイザースポイラー(FRP/カーボン) ¥248,000+税/¥400,000+税
カーボンリヤサイドダクト ¥98,000+税
オーバーフェンダー ¥298,000+税
ラゲッジシェルフ ¥48,000+税
BIGショックKIT(2インチアップ) ¥380,000+税

 

職人気質 TEL072-966-4388
http://www.syokuninkatagi.co.jp
ジャスティス TEL072-887-7333
http://www.justice.osaka.jp