ランエボVIに2.3ℓ搭載・完成度の高い最終型4G63をさらに進化!【不定期連載1】 (1/3ページ)


代を重ねる毎に進化する名機4G63
最終型MIVEC付きの完成度が光る

三菱『ランサー・エボリューションI』を1993年に新車で購入し、その後、現在の『ランサー・エボリューションVI』に乗り換えたオーナーが、少し早めのオーバーホールを兼ねてボア&ストロークアップキットを使用し、排気量を2リットルから2.3リットルへとアップするチューニングを計画。
施術するのは西の名店「Kansaiサービス」。絶対的な速さだけの追求はせず、ストリートでの扱いやすさを重視した仕様にするという。

1992年の登場以来、毎年のようにモータースポーツシーンで勝つために進化を続けてきた三菱『ランサー・エボリューション』。
その最終モデル「ランサー/エボリューションX」の生産が終了して約1年が経過したが、新たなランサー/エボリューション(以下ランエボ)を開発するというニュースもある。

ランエボの歴史を振り返ると、エボI〜IIIが第1世代、エボIV〜VIトミ・マキネンエディション(TM)は第2世代、エボVII〜IX MRが第3世代、第4世代が最後のランエボであるエボXとなる。

<ランサー・エボリューション第1世代>

エボIランエボ


エボIIランエボ

エボIIIランエボ

<ランサー・エボリューション第2世代>

エボIV

エボVランエボ

エボVIランエボ

エボVI TM
ランエボ

<ランサー・エボリューション第3&4世代>
エボVII
エボVIIIランエボ

 

エボVIII MRランエボ

 

エボIXランエボ

 

エボIX MRランエボ

 

エボXランエボ

 

【↓次ページに続く↓】