後期型に負けるな!センスブランドが「マークX」の中期型をアップデート


シャープなラインを描くエアロで
中期130系に疾走感をプラスする

年初にトヨタ・マークX前期用(130系)エアロをリリースした「センスブランド」が、早くも中期用を開発し、発売を開始した。すでに130系は後期に移行されたこともあり、中期型の中古車価格は下落傾向に。その影響もあってか、中期用エアロの販売リクエストも多かったようだ。
今作は人気シリーズ『センセーション』からのラインアップ。3点エアロにくわえてフェンダーやリアウイングの設定など、後期型に負けない魅惑のスタイルで勝負する。

マークXの中期は前後ライトがエッジーに進化。レクサス車にも似た精悍な面持ちは、ベース車として魅力的に感じたという、センスブランドの中澤サン。

「ツインフォグや開口部フィン、リアディフューザーなどなど、『センセーション』の迫力のある造形が良く似合う車種だと思います。10ミリワイドのフェンダーと存在感のあるリアウイングは、マークXらしいスポーティ感をアップさせつつ、ドレスアップカーならではのインパクトも高めますよ」。センスブランド マークX 130系 エアロ

センセーションお馴染みのツインフォグとバンパーモールは今作でも採用。
フロントバンパー開口部フィンの1→2→1本という流れも踏襲するほか、グリル底辺から降りる斜めのプレスラインも精悍さアップに貢献する。センスブランド マークX 130系 エアロ

交換型フェンダーには疾走感ある2連ダクトが開く。
片側でプラス10ミリワイドになるという、違和感の少ないナチュラルなラインも魅力だ。センスブランド マークX 130系 エアロ

リアバンパーのボトムは前期型用より若干伸ばし、腹下が見えないように配慮した設計。
センターのフィンは鋭く造形し、4本配置とした新ディフューザーを採用するなど、疾走感と立体感が溢れる意匠とした。センスブランド マークX 130系 エアロ

リアウイングはワイドかつ後方にも延長させて存在感を発揮。
また、重厚感を与えるサイドステップ後方にも鋭いフィン&ダクトを投入し、スポーティなフォルムを描き出す。4本出しとなるマフラー「リヴォルバー」も注目パーツのひとつ。センスブランド マークX 130系 エアロ

なお、「センスブランド」ではスペシャルマフラー『高響美音』も開発中とのこと。見た目はもちろんだがサウンドの魅力を高めたいという方は、そちらも要注目だ。

 

SENSETION for 130MARK X(中期型)

フロントバンパー 8万2080円
サイドステップ 6万9120円
リアバンパー 7万5600円
上記3点キット 20万5200円
リアウイング 4万1040円
フロントフェンダー 8万2080円

センスブランド TEL0467-38-7432
http://www.sensebrand.jp


おすすめ記事
Recommended by