【試してみた!!】塗装面のクリア層をガラス質に変える「ペルシード」は本当にスゴイのか


口コミで噂の画期的コーティング剤は
本当に効果があるのかを検証

自動車用コーティングと言えば、塗装上のクリア面を被膜で覆うのが一般的。形成した被膜は時間とともに剥がれるため、効果は軽減してしまうのだが、そんな概念を覆すコーティング剤が口コミで噂になっている。
その名は『ペルシード・ナチュラルガラスエッセンス』。聞けば、超微細な粒子を電着塗装の要領でクリア層に浸透させ、ボディの塗装面をガード。クリア層を研磨しない限り、保護膜は剥がれることはなく、施工すればするほど被膜はさらに強固なものになるというのだ。
効果は半永久的という画期的なコーティング剤。美しいツヤ感も高い評価を得るというが、実際にどうなんだろう。というわけで、試してみることにした。

 

こんな簡単な作業で効果は得られるのか!?

『ペルシード・ナチュラルガラスエッセンス』を開封すると、なんとも鮮やかなピンクのボトルが目に入る。あと、触り心地が気持ちいい専用クロスが同梱されていることを確認し、いよいよ作業を開始。
まずは、コーティング施工前にお約束の洗車を行なって、水滴の拭き取りを軽く済ませる。次に、ボトルをしっかりと振って撹拌(かくはん)。このひと手間が不十分だとうまく施工できないようなので、とにかくフリフリしておく。ペルシード ミラリード 効果

あとは、ボディへスプレーして、付属の専用クロスで拭き上げる。たったコレだけの作業でコーティングされているのか不安、というのが正直な気持ち。
半信半疑な気持ちを抑え、水洗いを繰り返してしばらく放置してみることに。そして、現在の様子がコレだ。

 

ヨゴレとともに流れ落ちる効果は絶大

軽く洗車を済ませて、コーティング効果を調べるために水を掛けてみた。
「なんだよ、まったく撥水しないじゃねーか!」とガッカリしたのもつかの間、水が流れ落ちていくではないか。なるほど、『ペルシード・ナチュラルガラスエッセンス』は、水滴がなじんで流れていく親水タイプだったようだ。
流れ落ちる際には汚れも包み込むから、表面は常にキレイに保てるワケだ。ペルシード ミラリード 効果

 

ツヤ感はブラックで塗装したルーフで検証

もうひとつ気になるのは、ツヤに関しての現状。ルーフをブラックにペイントした施工車両へ物をかざしてみると、キレイに映り込むではないか。まだまだキレイなクルマだったとはいえ、美しいツヤもしっかりとキープ。
そして、ボディそのものがツルツルなのも好印象。1回きりの作業だというのに、繰り返し施工することでツヤやボディ保護効果が強まると聞けば、今後も楽しみである。ペルシード ミラリード 効果

 

ちなみにボディだけでなく、レンズ類やホイールのツヤ出しにもOK。さらにはカーナビやスマホのディスプレイにも施工可能と、用途の幅が広いのもポイントだ。ペルシード ミラリード 効果

最後に気になるのは『ペルシード・ナチュラルガラスエッセンス』の価格。
150ml(中型車3台分)の容量で3,240円と、一般的なコーティング剤と比べると少々高めな印象だ。とはいえ、塗装面のクリア層をガラス質に変えるという発想や、半永久的な効果を考えるとオトクなのではないだろうか。

ちなみに、ミニバン&ワゴンの専門誌「WAGONIST10月号/9月1日発売(交通タイムス社発行)」では『ペルシード・ナチュラルガラスエッセンス』のお試しサンプル(60ml)が付録されるようだ。つまり、1,296円相当のペルシードが680円(本誌含む)で手に入るという嬉しい事実。
ただし、「TSUTAYA」だけの限定特典。最寄りの取り扱い店舗は、コチラから検索可能だ。

 

『ペルシード・ナチュラルガラスエッセンス』についてはミラリードHPへ

 


おすすめ記事
Recommended by