おじさん臭いとは言わせない!! 「クラウン・ロイヤル」がスポーティに変われる


アスリートに加えてロイヤル登場
フロントグリルで若々しく一新!!

純正の面やラインは生かしつつも、よりカッコ良く仕上げる。
それが「ロゼル」の一環したコンセプトだったが、今作は違う。”トヨタ・クラウンロイヤル=おじさんっぽい”というイメージを覆すべく、斬新なフロントグリルで若々しく、アグレッシブに一新させた。
ガラリと様相を変えたクラウンロイヤル(210系)は、後方に控えるクラウンアスリートにも負けないフェイスに。もう、おじさん臭いとは言わせない。

クラウン、ロイヤル、ロゼル、大人のスタイル

最新技術とアイディアで、ロイヤルを変える

現在のVIPの一番人気車は、トヨタ・クラウンで異論はないだろう。
18系から210系まで、カスタムベースとしてはアスリートが人気で、ロイヤルはイマイチという印象。
そのため中古車価格は安いというメリットがある。だからロイヤルをアスリート仕様にしてイジるというパターンは、両車の見た目の違いが大きな210系は特に多いと、「ロゼル」の上山サンは言う。
「今回はそこに目を付けました。安く買ってもアスリート仕様にすればコストはかかる。ならばアスリート風のフロントグリルを一体化したエアロパーツを作れば、予算を抑えることが可能。これまでの”純正イメージ”を生かすのではなく、一新することをテーマに開発しました」。
キモとなるのはバンパーと一体で仕上げたフロントグリル。一見、純正のアスリートグリルのようだが、内部構造がまったく異なる。

クラウン、ロイヤル、ロゼル、大人のスタイル

3Dプリンターを活用して、独自のハニカムメッシュを構築。バラツキのない均等な仕上がりはもちろん、メッシュの奥行きの深さも特徴的で、純正ロイヤルにはないユーロスポーツの雰囲気を持たせた。
グリルの枠もオリジナルの造形。イナズマのようなエッジはより鋭く、切れ上がるラインはより伸びやかに設計し、純正アスリートよりもアグレッシブなマスクを演出させたのだ。

純正と比較すると表情の変化は一目瞭然で、超刺激的。基本的造形は先に発売しているアスリートと共通も、ヘッドライト脇のラインやフェンダーアーチが異なるため、再設計されている。
ボンネット先端トップモールもロイヤル専用品だ。

従来の製法では実現できない複雑かつ精巧なグリルは、強烈な存在感を発揮。ヘッドライト下のダイナミックなラインも秀逸である。

 

リアは印象をガラリと変えるハーフタイプに

リアはコスト的にも気持ち的にも敷居の低い、ハーフスポイラーを提案。それでいて変わり映えは、フロントバンパー同様にかなりのもの。
アールやエッジライン、捻った面を駆使し、欧州車のスポーツグレードのような疾走感を演出。フロントのインパクトが強いと思われがちだが、限られたスペースに造形を凝縮したリアハーフも、会心の仕上がりである。

クラウン、ロイヤル、ロゼル、大人のスタイル

アール面で構成されるディフューザーはリアハーフと一体だが、塗り分けで別体風にも。
通常のマフラー出口はダクト風にアレンジ。下の面はうねりを持たせ、メリハリを出した。

PRICE LIST
フロントバンパー(グリル一体) ¥145,800
リアハーフスポイラー   ¥54,000
フロントトップモール  ¥21,600
上記3点フルキット  ¥221,400

ロゼル TEL0581-32-9991
http://www.rozel-japan.com


おすすめ記事
Recommended by