「チューニングカー」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

AMGの本格オフロード仕様「ARB G63」が荒地も走れるタフな理由とは

オーストラリア生まれの注目ブランドは 軍に採用されるほど硬派なクオリティ AMG G63の魅力を味わうために、道具としてのポテンシャルを大胆に引き出すオーストラリア生まれの「ARB」はカタチだけではないブランド。命を預け...

続きを読む...

一流の遊び心から生まれた『リバティウォーク』GT-Rの世界観

暴走族スタイルをスーパーカーへ投入 大胆不敵こそ『Liberty Walk』の持ち味 ランボルギーニ・ムルシエラゴのボディをカットし、大胆不敵なワークスフェンダーをリベット留め。常識に縛られない”ワークススタ...

続きを読む...

本物の”SUPER GT”ボディを纏うナンバー付きRX-7【クロスファイブ】

構造や設計が全く異なるボディキットを 1年がかりでマイカーへ移植手術 “SUPER GT”に参戦しているマシンかのような大胆フォルム。しかもナンバー付きという、とんでもないユーザーカーをカスタムイ...

続きを読む...

“シルビア&180X”のアゲ系オフロードテイストがカッコイイ【クロスファイブ】

4WDショップ「トップランカー」が 唯一無二なリフトアップスタイルを創出 先立って開催されたカスタムイベント”クロスファイブ”の会場内で、ひときわ異彩を放っていた2台。ベースは、日産シルビア(S1...

続きを読む...

100万円以下の欧州車をイマドキにイジる提案【balance×VWゴルフ5】

古臭さを感じさせない格安ベース車は チューニングの幅が広がる”GTI”がオススメ!! 足まわりを軸としたフットワーク造りで高い評価を得る『balance(バランス)』。 国産車/欧州車を問わず、な...

続きを読む...

L28型改「3.2Lツインカムエンジン」を搭載したハコスカに試乗!

現代の技術を盛り込んで再生 許容回転数はなんと1万rpm 『TC24-B1Z』。 この英数字の組み合わせを見て、ピンときた人はかなりの自動車マニアだろう。 『TC24-B1Z』は岡山県にあるエンジン、駆動系パーツメーカー...

続きを読む...

600psを発揮する「スカイラインGT-R」グループAマシンの実力を検証!

HKSがレストアした本物のレーシングGT-R 富士スピードウェイで決死の全開試乗に挑む! 全日本ツーリングカー選手権「グループAレース」の終焉から24年。いまだファンの脳裏から離れない日産R32型スカラインGT-R(以下...

続きを読む...

プロボックスを旧車風にイジるってどうなのよ!?

営業車もワイルドに飾れば激シブ。 古き良き昭和の薫り、満開だぜ! カスタムベースが営業車だなんて、あまり考えられないけど『スリーピース岐阜』が超ナウい(←死語)クルマを創った。 それが、チンスポ、バーフェン、深リムで仕上...

続きを読む...

ゲレンデらしさを訴求するコンバット&レスキュー仕様【GFG Mercedes-Benz G350d】

気分はサバイバルゲーム?? ストリートでのミスマッチが見事にハマったベンツ・Gクラス メルセデスベンツのゲレンデヴァーゲンとは、あらゆる意味で”DADY’S TOY”なのだ、との思いを強めた。 オ...

続きを読む...

トヨタの名機”JZ”エンジンをスワップした3台【オートトレンド2017】

サウンド、パワーを両立すべく 今や珍しいストレート6で愉しむ トヨタが誇る二つの名直6エンジンといえば1JZ-GTE型と2JZ-GTE型。 前者は、2.5リットルエンジンをツインターボ化し、当時の自主規制だった280ps...

続きを読む...

1 / 4123...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • SEDAN
  • SPORTS
  • WAGON
  • IMPORT