「FOOT WORK」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

一世風靡した’90年スタイルをUSアコードワゴンで再現

希少な北米仕様に 当時ものパーツとエアサスでロワード 40歳前後のオジサン世代の多くは、ノスタルジーな気分に浸ってしまうかも。 気鋭のユーロ系ショップ『オプティミスト』が製作したのは、1990年代に北米産逆輸入ワゴンとし...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】スーパーカー並みに速い「BLITZ」チューンドNDロードスター

車検対応の市販チューニングパーツで 筑波サーキットを1分3秒台で走らせる 「BLITZ(ブリッツ)」といえば、マツダND型ロードスターに熱い視線を注ぐチューニングメーカーのひとつ。茨城県の「筑波サーキット」コース2000...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】車高を極限まで下げる足まわりパーツ

走れるローダウンを信条にパーツを開発 ブレーキシステムもリリースする 極限までのローダウンを追求し、数々のサスペンションパーツをリリースする「Tディメンド」。 2月10〜12日に大阪市インテックスで開催された「大阪オート...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】ジェイドのカスタムは魅せる足元で勝負!

ワンオフ車高調+19インチホイールで パーツの少なさをカバーする コンパクトなボディに6列シートを採用した低床ミニバンが、ご存じ「ホンダ・ジェイド」。 アフターパーツが少ないために、カスタマイズ車両は希少なのだが、大阪オ...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】イデアルが電磁弁を1/4サイズに小型化したエアサス発表

手回しでロング化できるナットなど ユーザーフレンドリーなアイテム満載 「イデアル」が2月10〜12日に大阪市インテックス大阪で開催されている「大阪オートメッセ」に出展。エアサスは自社開発&組付にこだわる同社は、その強みを...

続きを読む...

【大阪オートメッセ】特殊溶剤で新車並みの足回りが取り戻せる!

ヤレた状態でもピカピカに蘇る魔法のリフレッシュ術 その比較は大阪オートメッセで要チェック!! GT-Rを得意とする新潟県の『ギャラリィ』が提案する、まったく新しいリフレッシュ術。 大阪オートメッセでは、足回りやブレーキ系...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】30アル&ヴェルのリアブレーキチューンが実現可能に

実現不可能とされていた電動式リアブレーキが交換可能に!! 30アルファード&ヴェルファイアオーナーの憧れのひとつが、前後にブレーキキットを装着してトータルコーデすること。しかし、リアに関しては”電動式...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】低さで魅せる326パワー流のC-HRアレンジ

ノーマルフェンダー×10.5Jのワイドホイール さらに超ローダウンで魅せる1台に 今回の大阪オートメッセで注目のひとつが、トヨタC-HRのカスタマイズ。様々なアレンジを施した車両が目白押しだが、中でも車高の低さが光るのが...

続きを読む...

ディクセルが夢のカーボン製ブレーキを開発中【大阪オートメッセ2017】

重量級マシンを確実に止める制動力、 ビギナーでも扱えるコントロール性、バネ下重量の軽減… ブレーキに求める3つの性能を徹底追求 『ディクセル』がそんな夢のようなブレーキの開発をスタートさせた。 昨年末に初めてサーキットで...

続きを読む...

これは不思議!タイヤを完全カバーしても自走可能【東京オートサロン2017】

車高をアップするとタイヤが露出 着地状態で設計された未来的エアロ 『XOラグジュアリーホイール』は、アメリカ東海岸発の人気ホイールブランドだ。 1月13〜15日に千葉県幕張メッセで開催された「東京オートサロン2017」に...

続きを読む...

欧州ネオクラシックを当時風にドレスアップ【東京オートサロン2017】

古いドイツ車をカスタムする楽しさ オバフェンやメッシュホイールを採用 KW/ST/アクラポビッチ/シュミーデン/リーガーなど、魅力ある海外ブランドを取り扱う「橋本コーポレーション」。 今年の東京オートサロン2017では、...

続きを読む...

ルーフカットで150mmダウン!カスタム軽トラ6台【東京オートサロン2017】

おしゃれ系からワイルド系まで 軽トラドレスアップがオモシロイ! さまざまなチューニング&ドレスアップカーが集結した東京オートサロン2017(千葉県・幕張メッセ)。 中でも、意外と人気が高かったのが軽トラックのカスタマイズ...

続きを読む...

1 / 4123...最後 »