「FOOT WORK」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

これは不思議!タイヤを完全カバーしても自走可能【東京オートサロン2017】

車高をアップするとタイヤが露出 着地状態で設計された未来的エアロ 『XOラグジュアリーホイール』は、アメリカ東海岸発の人気ホイールブランドだ。 1月13〜15日に千葉県幕張メッセで開催された「東京オートサロン2017」に...

続きを読む...

欧州ネオクラシックを当時風にドレスアップ【東京オートサロン2017】

古いドイツ車をカスタムする楽しさ オバフェンやメッシュホイールを採用 KW/ST/アクラポビッチ/シュミーデン/リーガーなど、魅力ある海外ブランドを取り扱う「橋本コーポレーション」。 今年の東京オートサロン2017では、...

続きを読む...

ルーフカットで150mmダウン!カスタム軽トラ6台【東京オートサロン2017】

おしゃれ系からワイルド系まで 軽トラドレスアップがオモシロイ! さまざまなチューニング&ドレスアップカーが集結した東京オートサロン2017(千葉県・幕張メッセ)。 中でも、意外と人気が高かったのが軽トラックのカスタマイズ...

続きを読む...

仕事もアソビも楽しめるピックアップ5選【東京オートサロン2017】

国内販売はないが海外で大人気! 懐かしのサニートラックもチェック 北米やアジアなどで人気のピックアップトラック。かつては国内各メーカーから販売されていたが、現在はラインアップされているモデルは皆無。 そんな中、東京オート...

続きを読む...

2Lターボを搭載する最強のマツダ・ロードスター【東京オートサロン2017】

「ブリッツ」がターボキットを開発中 走る・曲がる・止まるの性能をアップ 昨年11月に追加されたマツダ・ロードスターRF。電動リトラクタブルハードトップを採用するこのクルマのエンジンは2リットルと、通常モデルが搭載する1....

続きを読む...

クロスオーバー・プリウスも出現! ハイリフト7台【東京オートサロン2017】

ワイルドなオフ系から 洗練されたシティ派まで 根強い人気を誇る定番カスタマイズのひとつ、車高を上げるハイリフト。東京オートサロン2017(千葉県・幕張メッセ)には、そんなアゲアゲ系も数多く出展されていた。 まずは「トヨタ...

続きを読む...

トヨタC-HRを「Tディメンド」がいち早く極限ローダウン【東京オートサロン2017】

オリジナルのアーム類を使い 難易度の高いエアサスで車高ダウン 足まわり系パーツをリリースする「Tディメンド」は、1月13〜15日に千葉県・幕張メッセで開催されている「東京オートサロン」にいち早くトヨタC-HRを登場させた...

続きを読む...

「アルトワークス」を手軽にモディファイできる3つのアイテム

チューニング素材に最適なアルト まずはどこから手を加える? スズキの現行モデル36型アルトは、トップグレードのワークスからターボRS、NAモデル、そして先進の2ペダルシステムであるAGS、また駆動方式もFFと4WDと選択...

続きを読む...

キャンバー角調整で「アルファード/ヴェルファイア」に太いホイールを履く!

リアアームのポン付け交換でキャンバー角を変更 攻めたセッティングで太いホイールがの装着が可能 トヨタ30 系アルファード/ヴェルファイアの足まわりを極めたいなら「KTS」の『リアキャンバー調整アーム』だ。 これは、純正の...

続きを読む...

「シャコタン」に初挑戦!何を気をつける?

ただ下げるだけならダウンサス レベルアップするなら最初から車高調だ 何の対策もしないで低車高のまま走ると、確実に車体をダメにしてしまう。 そんな失敗をしないためにも、事前のセッティングが重要だ。 ひと言でシャコタン(車高...

続きを読む...

アルトワークスの車高と乗り心地を両立するツインスプリング化

スタイリング/乗り心地/走り いずれも妥協しないツインスプリング化 大人4人が余裕で座れる室内空間と引き換えに、サスペンションの取り付け位置などの問題で、サスペンションのセッティングが難しいといわれるスズキの現行型アルト.…

続きを読む...

純正ブレーキに装着できる「ブレンボ製」パーツが登場!

ブレーキパッドやブレーキローターなど リプレイスパーツとしてブレンボを装着 モータースポーツで使われ、高級スポーツカーなどに純正採用されている信頼のブレーキメーカー『ブレンボ』。しかし、いざ装着しようとしてもキャリパーか.…

続きを読む...

1 / 3123