「ブレーキまわり」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

【知ってる?】ホイールのダストはパッドではなく「ローターの削れカス」だった

比重の重い鉄粉がホイールに付着 アルミに突き刺さり錆に変質する ホイールにこびりつく黒い汚れ。とくにヨーロッパ車は、その汚れ方がハンパない。洗車しても、少し走れば薄らと黒い膜がホイール全体を覆っている。 この汚れの原因は...

続きを読む...

見た目も性能もグレイトだぜ!ハイエースのディスクブレーキ化に挑戦!!

ハイエースの貧弱なリアドラムブレーキが 4ポット&6ポットの高性能ブレーキに変身 荷物を積んだり、室内を豪華にコンプリートすると車重が大きく影響し、ブレーキの効きが悪くなるトヨタ・ハイエース。場合によっては貧弱な純正ブレ...

続きを読む...

ブレーキタッチの不満を解消!86&BRZブレンボ装着車用ブレーキホース

高剛性ホースの採用で膨張を抑制 耐久性にも優れたカシメ方式を採用 マニアックだが確実に効果のある機能パーツをリリースする「プロト」が、トヨタ86とスバルBRZの純正ブレンボ用ステンレスメッシュブレーキホース『スウェッジラ...

続きを読む...

【知ってる?】ブレーキローターの溝(スリット)の効果とは

スリット付きブレーキローターは 摩擦係数が高く制動力がアップ! スポーツカーや社外パーツでも採用されるスリット(溝)付きブレーキローター。 見た目がスポーティなだけでなく、この溝が摩擦係数を高めるなどブレーキ性能をアップ...

続きを読む...

深リムでも装着可能な6ポットブレーキシステムがコレ!!

Tディメンドの完全オリジナル設計で さらなる薄型化を実現 「Tディメンド」のブレーキキット『スーパースリム6POT』がバージョンアップ。 ローターがより薄型化され、ドリルド仕様も選択可能に。さらにペイントカラーも登場し、...

続きを読む...

サイズや色など豊富な選択肢を持つ大容量ブレーキシステム

ドレスアップと機能性を融合させた 『エフェクター』ブレーキキット 低車高とホイールでキメた足まわり。それだけでも十分カッコイイが、それだけで我慢できないのがドレスアップオーナーの性だろう。そんな願望に応えるべく、「ジェッ.…

続きを読む...

高性能ブレーキキャリパーに発色豊かな“塗り”17色が追加!

色味をストレートに再現するペイントカラー 標準色+3万円でできる足元のドレスアップ 元々16色ものアルマイトカラーを設定していた「ファイナルコネクション」の『ステルスキャリパー』に、ペイントカラーが追加された。 その数、...

続きを読む...

自分好みのサイズやカラーを選べる鍛造ブレーキキット

15〜22インチのワイドな対応サイズに 全32色のカラーやロゴ投入で遊べる セダン用エアロを手掛ける「キャンドゥジャパン」が、次に提案するアイテム。 それが『フォージド スポーツキャリパーキット』だ。 その特徴は、15〜...

続きを読む...

えっ!? 純正部品でブレーキをアップグレードする方法

レクサスの誇る高性能ブレーキを トヨタやスバルの足元へ ブレーキチューンの場合、社外キットを使うのが一般的だが、ナチュラルなグレードアップならば注目の方法がある。それが”純正ブレーキ”流用だ。 『...

続きを読む...

8ポットブレーキキャリパーによる強烈なストッピングパワー

エイムゲインが市場の要望に応え 大容量8ポットブレーキを設定! 「エイムゲイン」のブレーキシステム『GT64』に兄貴分が加わった。 フロント8ポット、リア6ポットと、各2ポットずつパワーアップした『GT86ブレーキシステ...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】スーパーカー並みに速い「BLITZ」チューンドNDロードスター

車検対応の市販チューニングパーツで 筑波サーキットを1分3秒台で走らせる 「BLITZ(ブリッツ)」といえば、マツダND型ロードスターに熱い視線を注ぐチューニングメーカーのひとつ。茨城県の「筑波サーキット」コース2000...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】車高を極限まで下げる足まわりパーツ

走れるローダウンを信条にパーツを開発 ブレーキシステムもリリースする 極限までのローダウンを追求し、数々のサスペンションパーツをリリースする「Tディメンド」。 2月10〜12日に大阪市インテックスで開催された「大阪オート...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】30アル&ヴェルのリアブレーキチューンが実現可能に

実現不可能とされていた電動式リアブレーキが交換可能に!! 30アルファード&ヴェルファイアオーナーの憧れのひとつが、前後にブレーキキットを装着してトータルコーデすること。しかし、リアに関しては”電動式...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】低さで魅せる326パワー流のC-HRアレンジ

ノーマルフェンダー×10.5Jのワイドホイール さらに超ローダウンで魅せる1台に 今回の大阪オートメッセで注目のひとつが、トヨタC-HRのカスタマイズ。様々なアレンジを施した車両が目白押しだが、中でも車高の低さが光るのが...

続きを読む...

ディクセルが夢のカーボン製ブレーキを開発中【大阪オートメッセ2017】

重量級マシンを確実に止める制動力、 ビギナーでも扱えるコントロール性、バネ下重量の軽減… ブレーキに求める3つの性能を徹底追求 『ディクセル』がそんな夢のようなブレーキの開発をスタートさせた。 昨年末に初めてサーキットで...

続きを読む...

1 / 212
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • SEDAN
  • SPORTS
  • WAGON
  • IMPORT