「サスペンション」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

車体の振動を抑え走安性がアップする「ボディダンパー」

特殊ダンパーで車体のネジレや振動を抑制 走安性を高めるだけなく質感もアップする 「ヤマハ発動機」が開発したパフォーマンスダンパーは、タワーバーやスタビライザーとは異なる発想を持たせたボディパーツ。あのトヨタも一部のスポー.…

続きを読む...

乗り心地とハンドリングを良好にする正しいダンパー「減衰力」調整法

スプリングの動きをコントロールして サスのストロークスピードを制御する 多くの車高調整式サスペンションのダンパーには、減衰力調整機能がついている。 ダンパーはスプリングとセットで、サスペンションの硬さ・柔らかさを決めるパ...

続きを読む...

正しい「車高調サスペンション」選びに必要な10基礎知識

全長調整/減衰力/単筒式/バネレート… 意味や構造を理解して最適な車高調を選ぶ クルマをローダウンさせる手法は、ダウンサスペンション(以下ダウンサス)/車高調整式サスペンション(以下車高調)/エアーサスペンション(以下エ...

続きを読む...

「テイン」が6万円台のビギナー向け車高調を発売!

ミリ単位のローダウンを可能とする車高調 車種別セッティングを施しつつ低価格を実現 部品の点数を抑えることで、他を圧倒するリーズナブルな価格を実現した「テイン」の車高調整式サスペンション『ストリートアドバンスZ』と『ストリ...

続きを読む...

匠の技でレヴォーグの乗り味を劇的改善するサスペンション

ビルシュタイン特有の不快な突き上げを解消 侮れない『グレートアップダンパーV0』の実力 スバル・レヴォーグとWRX S4のGT-Sに採用される純正のビルシュタイン製ダンパーは、しなやかに路面を捉える応答性と高い剛性を確保...

続きを読む...

業界初!保安基準を適合した「ワイドトレッドスペーサー」

純正同等の性能と強度を確保した ASEA基準をクリアする車検対応品 ワイドトレッドスペーサー(通称ワイトレ)といえば、ホイールのツラを外側に出したり、タイヤ左右のトレッドを広げるために使うもの。 足元の見映えを高められた...

続きを読む...

乗り心地を損なわず低車高を実現する別タンク式車高調サスペンション

ショートストロークでも十分な油量を確保 伸びと縮みの減衰力を別々に操る 「Tディメンド」のサブタンク付き車高調整式サスペンション『PRO DAMPER 2WAY TYPE』がいよいよデビュー。 ショートストロークでもショ...

続きを読む...

車高アップでSUVをワイルドなオフロード仕様にする

ハイリフト&ブロックパターンタイヤを装着 現代のSUVでタフなオフロードスタイルを実現 「ロードハウス」は、いつの時代も力強さが冴え渡るオフロードスタイルを現代のSUVに取り入れている。 そんなフォルムに、1980年代の...

続きを読む...

究極の低車高を実現する「F1アーム」が間もなく完成

キャンバー角を付けても エアサスのバッグが干渉しない SS(スーパーストロークアップキット)キットで名を馳せるVIPセダン業界随一の足まわりのプロフェッショナル「ユージーランドボディー」が、また前代未聞のとんでもないこと...

続きを読む...

SUVのタフさをアップするリフトアップ・スプリング【SUSTEC UP210】

C-HRやヴェゼルなど設定車種が増加中 車検対応でリーズナブルに車高アップを実現 ローダウンだけでなく、リフトアップもSUVならではのドレスアップの楽しみ方。 しかし、リフトアップといえばショック交換やブレーキホース延長...

続きを読む...

【知ってまっか?】車高調とエアサスでローダウン幅や使い勝手を比較してみた

気になる予算や走行性能の全4項目で斬る それぞれのメリット&デメリット 車高は低いほどカッコよく見える。ドレスアップを進めるうえで、この言葉は間違いなく真実である。 では、ローダウンを極めるためにはどんな足まわり...

続きを読む...

1 / 4123...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • SEDAN
  • SPORTS
  • WAGON
  • IMPORT