「FOOT WORK>インポート」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

【知ってる?】ホイールのダストはパッドではなく「ローターの削れカス」だった

比重の重い鉄粉がホイールに付着 アルミに突き刺さり錆に変質する ホイールにこびりつく黒い汚れ。とくにヨーロッパ車は、その汚れ方がハンパない。洗車しても、少し走れば薄らと黒い膜がホイール全体を覆っている。 この汚れの原因は...

続きを読む...

【知ってる?】ブレーキローターの溝(スリット)の効果とは

スリット付きブレーキローターは 摩擦係数が高く制動力がアップ! スポーツカーや社外パーツでも採用されるスリット(溝)付きブレーキローター。 見た目がスポーティなだけでなく、この溝が摩擦係数を高めるなどブレーキ性能をアップ...

続きを読む...

Gクラス『ブラバス』の車幅を広げ迫力アップ

超ワイド化したワイドボディを纏い パワーアップとサスチューンを施す 2017年にパワーアップしたメルセデス・ベンツG350ディーゼルをベースに、「ブラバス」が完成させたコンプリートカーが『G-D6S』。その車幅を広げ、ブ...

続きを読む...

乗り心地とハンドリングを良好にする正しいダンパー「減衰力」調整法

スプリングの動きをコントロールして サスのストロークスピードを制御する 多くの車高調整式サスペンションのダンパーには、減衰力調整機能がついている。 ダンパーはスプリングとセットで、サスペンションの硬さ・柔らかさを決めるパ...

続きを読む...

正しい「車高調サスペンション」選びに必要な10基礎知識

全長調整/減衰力/単筒式/バネレート… 意味や構造を理解して最適な車高調を選ぶ クルマをローダウンさせる手法は、ダウンサスペンション(以下ダウンサス)/車高調整式サスペンション(以下車高調)/エアーサスペンション(以下エ...

続きを読む...

乗り心地を損なわず低車高を実現する別タンク式車高調サスペンション

ショートストロークでも十分な油量を確保 伸びと縮みの減衰力を別々に操る 「Tディメンド」のサブタンク付き車高調整式サスペンション『PRO DAMPER 2WAY TYPE』がいよいよデビュー。 ショートストロークでもショ...

続きを読む...

【知ってまっか?】車高調とエアサスでローダウン幅や使い勝手を比較してみた

気になる予算や走行性能の全4項目で斬る それぞれのメリット&デメリット 車高は低いほどカッコよく見える。ドレスアップを進めるうえで、この言葉は間違いなく真実である。 では、ローダウンを極めるためにはどんな足まわり...

続きを読む...

鉄チンホイールを履くため脚にこだわり抜いたVWジェッタ

AirREX製エアサスやアーム変更で超低空化 CLSホイールでクールな北米のノリを描く ベタベタ車高にアウトリップした鉄チンホイール。シボ取り後にボディ同色化したステップやリアモールなど、超シンプルな純白のVW(フォルク...

続きを読む...

BMWミニ・カスタムの原点回帰を促す「ガルビノ」渾身の作

BMWミニとともに歩みを進めるガルビノ F56で失われていたJCWらしさを提案! コンセプトを変えることなく完成度を高めてきたBMWミニ。なかでも刺激的なチューンを施したJCW(ジョンクーパーワークス)は、スタイリングで...

続きを読む...

「W222型Sクラス」の上質な走り味と極低車高を両立

VIP業界におけるエアサスの雄「ボルドワールド」が メルセデス・ベンツを現行Sクラスで初攻略! 車高調整式サスペンションやブレーキを開発し、総合足まわりメーカーとして盤石のラインナップを誇る「ボルドワールド」。 VIPセ...

続きを読む...

欧州ネオクラシックを当時風にドレスアップ【東京オートサロン2017】

古いドイツ車をカスタムする楽しさ オバフェンやメッシュホイールを採用 KW/ST/アクラポビッチ/シュミーデン/リーガーなど、魅力ある海外ブランドを取り扱う「橋本コーポレーション」。 今年の東京オートサロン2017では、...

続きを読む...

「シャコタン」に初挑戦!何を気をつける?

ただ下げるだけならダウンサス レベルアップするなら最初から車高調だ 何の対策もしないで低車高のまま走ると、確実に車体をダメにしてしまう。 そんな失敗をしないためにも、事前のセッティングが重要だ。 ひと言でシャコタン(車高...

続きを読む...

純正ブレーキに装着できる「ブレンボ製」パーツが登場!

ブレーキパッドやブレーキローターなど リプレイスパーツとしてブレンボを装着 モータースポーツで使われ、高級スポーツカーなどに純正採用されている信頼のブレーキメーカー『ブレンボ』。しかし、いざ装着しようとしてもキャリパーか.…

続きを読む...

スタンス系を極める「エアサス」のメリット・デメリット

走行中に車高を高めれば大丈夫? カスタムシーンにおいて、ローダウンを極めるための必須アイテムといえるのが「エアサス(エアーサスペンション)」。取り付け法によっては路面とボディ下面が接地する「車高ゼロ=着地」の状態にするこ.…

続きを読む...

ジャッキアップなしで車高調整が可能「Gドライブ」サスペンション

ホイールのすき間から工具を差し込み ミリ単位で車高調整を自在にできる ドレスアップにおいて、長年議論されてきた車高調か? エアサスか? という問題。これに対する一つの回答となりそうなのが、エアサスのトップブランド「ACC...

続きを読む...

1 / 212
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • SEDAN
  • SPORTS
  • WAGON
  • IMPORT