「FOOT WORK>ワゴン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

【知ってる?】ホイールのダストはパッドではなく「ローターの削れカス」だった

比重の重い鉄粉がホイールに付着 アルミに突き刺さり錆に変質する ホイールにこびりつく黒い汚れ。とくにヨーロッパ車は、その汚れ方がハンパない。洗車しても、少し走れば薄らと黒い膜がホイール全体を覆っている。 この汚れの原因は...

続きを読む...

見た目も性能もグレイトだぜ!ハイエースのディスクブレーキ化に挑戦!!

ハイエースの貧弱なリアドラムブレーキが 4ポット&6ポットの高性能ブレーキに変身 荷物を積んだり、室内を豪華にコンプリートすると車重が大きく影響し、ブレーキの効きが悪くなるトヨタ・ハイエース。場合によっては貧弱な純正ブレ...

続きを読む...

ハイスペックな本格派車高調が「10万円を切る」ロープライスに!!

ビギナー向け高性能モデルに プロショップ専売の+αが登場! 「ファイナルコネクション」がプロショップ専売モデルとして開発した車高調整式サスペンション・シリーズ「プラスアルファ」。プロショップでのみ購入でき、装着・設定まで...

続きを読む...

カッコよくキマる国産SUV「1インチアップ」が4万円台から

SUVらしいタフなテイストを低コストで 「チョイ上げ」というカディスの提案 近年のアウトドアブームもあって、クルマのチョイスや利用方法も変化してきている。レジャービークル志向のSUVがもてはやされるのもトレンドのひとつ。...

続きを読む...

【知ってる?】ブレーキローターの溝(スリット)の効果とは

スリット付きブレーキローターは 摩擦係数が高く制動力がアップ! スポーツカーや社外パーツでも採用されるスリット(溝)付きブレーキローター。 見た目がスポーティなだけでなく、この溝が摩擦係数を高めるなどブレーキ性能をアップ...

続きを読む...

C-HRをワイルド&タフに変身できる「JAOS」のプログラム

都会的なSUVをイメチェン さらりとオフロードを薫らせる SUVやクロスオーバーを手がける名門「JAOS(ジャオス)」。アーバンなトヨタC-HRにも、同社が得意とするワイルドテイストを盛り込んだアイテム群を発表してきた。...

続きを読む...

無段階でキャンバー角調整を可能とする足まわり系パーツ

アライメントの調整幅の拡大はもちろん キャンバー変更で攻めたホイールが装着可能 キャンバー角の調整機能とリヤのストローク量アップを果たすアイテムとして登場したのが、『ミラクルキャンバーアジャスター』と『ミラクルストローク.…

続きを読む...

車体の振動を抑え走安性がアップする「ボディダンパー」

特殊ダンパーで車体のネジレや振動を抑制 走安性を高めるだけなく質感もアップする 「ヤマハ発動機」が開発したパフォーマンスダンパーは、タワーバーやスタビライザーとは異なる発想を持たせたボディパーツ。あのトヨタも一部のスポー.…

続きを読む...

乗り心地とハンドリングを良好にする正しいダンパー「減衰力」調整法

スプリングの動きをコントロールして サスのストロークスピードを制御する 多くの車高調整式サスペンションのダンパーには、減衰力調整機能がついている。 ダンパーはスプリングとセットで、サスペンションの硬さ・柔らかさを決めるパ...

続きを読む...

深リムでも装着可能な6ポットブレーキシステムがコレ!!

Tディメンドの完全オリジナル設計で さらなる薄型化を実現 「Tディメンド」のブレーキキット『スーパースリム6POT』がバージョンアップ。 ローターがより薄型化され、ドリルド仕様も選択可能に。さらにペイントカラーも登場し、...

続きを読む...

正しい「車高調サスペンション」選びに必要な10基礎知識

全長調整/減衰力/単筒式/バネレート… 意味や構造を理解して最適な車高調を選ぶ クルマをローダウンさせる手法は、ダウンサスペンション(以下ダウンサス)/車高調整式サスペンション(以下車高調)/エアーサスペンション(以下エ...

続きを読む...

1 / 4123...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • SEDAN
  • SPORTS
  • WAGON
  • IMPORT