「FOOT WORK>ワゴン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

車体の振動を抑え走安性がアップする「ボディダンパー」

特殊ダンパーで車体のネジレや振動を抑制 走安性を高めるだけなく質感もアップする 「ヤマハ発動機」が開発したパフォーマンスダンパーは、タワーバーやスタビライザーとは異なる発想を持たせたボディパーツ。あのトヨタも一部のスポー.…

続きを読む...

乗り心地とハンドリングを良好にする正しいダンパー「減衰力」調整法

スプリングの動きをコントロールして サスのストロークスピードを制御する 多くの車高調整式サスペンションのダンパーには、減衰力調整機能がついている。 ダンパーはスプリングとセットで、サスペンションの硬さ・柔らかさを決めるパ...

続きを読む...

超スリムな「T-DEMAND」6ポットブレーキシステム

Tディメンドの完全オリジナル設計で さらなる薄型化を実現 「Tディメンド」のブレーキキット『スーパースリム6POT』がバージョンアップ。 ローターがより薄型化され、ドリルド仕様も選択可能に。さらにペイントカラーも登場し、...

続きを読む...

正しい「車高調サスペンション」選びに必要な10基礎知識

全長調整/減衰力/単筒式/バネレート… 意味や構造を理解して最適な車高調を選ぶ クルマをローダウンさせる手法は、ダウンサスペンション(以下ダウンサス)/車高調整式サスペンション(以下車高調)/エアーサスペンション(以下エ...

続きを読む...

高性能ブレーキキャリパーに発色豊かな“塗り”17色が追加!

色味をストレートに再現するペイントカラー 標準色+3万円でできる足元のドレスアップ 元々16色ものアルマイトカラーを設定していた「ファイナルコネクション」の『ステルスキャリパー』に、ペイントカラーが追加された。 その数、...

続きを読む...

業界初!保安基準を適合した「ワイドトレッドスペーサー」

純正同等の性能と強度を確保した ASEA基準をクリアする車検対応品 ワイドトレッドスペーサー(通称ワイトレ)といえば、ホイールのツラを外側に出したり、タイヤ左右のトレッドを広げるために使うもの。 足元の見映えを高められた...

続きを読む...

乗り心地を損なわず低車高を実現する別タンク式車高調サスペンション

ショートストロークでも十分な油量を確保 伸びと縮みの減衰力を別々に操る 「Tディメンド」のサブタンク付き車高調整式サスペンション『PRO DAMPER 2WAY TYPE』がいよいよデビュー。 ショートストロークでもショ...

続きを読む...

車高アップでSUVをワイルドなオフロード仕様にする

ハイリフト&ブロックパターンタイヤを装着 現代のSUVでタフなオフロードスタイルを実現 「ロードハウス」は、いつの時代も力強さが冴え渡るオフロードスタイルを現代のSUVに取り入れている。 そんなフォルムに、1980年代の...

続きを読む...

自分好みのサイズやカラーを選べる鍛造ブレーキキット

15〜22インチのワイドな対応サイズに 全32色のカラーやロゴ投入で遊べる セダン用エアロを手掛ける「キャンドゥジャパン」が、次に提案するアイテム。 それが『フォージド スポーツキャリパーキット』だ。 その特徴は、15〜...

続きを読む...

えっ!? 純正部品でブレーキをアップグレードする方法

レクサスの誇る高性能ブレーキを トヨタやスバルの足元へ ブレーキチューンの場合、社外キットを使うのが一般的だが、ナチュラルなグレードアップならば注目の方法がある。それが”純正ブレーキ”流用だ。 『...

続きを読む...

1 / 4123...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • SEDAN
  • SPORTS
  • WAGON
  • IMPORT