『GT-R Magazine』

about 『GT-R Magazine』...

さらにカテゴリーで絞り込む

ホビーの組み立て現場が間近で見られる夢のファクトリーが完成

貴重な純国産のスケールモデルを製作する 『日下エンジニアリング』が新社屋に移転 日産のスカイラインGT-R/R35 GT-Rを中心にさまざまなオリジナルグッズを製作する「日下エンジニアリング(鳥取県米子市)」。このたび、...

続きを読む...

「コンピュータチューニング」を創造し確立したMine’s「新倉通蔵」代表のこだわり

マインズVX-ROMが新世代チューンを提案 未来を見据えた拘りでGT-Rの走りを変える 日産・スカイラインGT-R(R32~R34型)が現役だった当時は、チューニング全盛期。その中でユーザーの心を掴み、一世を風靡したパー...

続きを読む...

YOKOHAMAホイール製作に込められた哲学と流儀とは【萩原C.M.Pインタビュー】

レーサーとクルマ好きとして得た経験と知識が 萩原修プロデューサーのホイール作りの原点 日産GT-R、スカイラインGT-Rを中心としたスポーツカーオーナーから熱い人気を誇るホイールブランドが「横浜ゴム」の『YOKOHAMA...

続きを読む...

スカイラインファンが「V35型」以降を別モノという理由とは

ファンの間では「別物」と認知される2台 その真実をスカイラインの開発者が語る 現在、トヨタ・クラウンに続き、日本で二番目に古い自動車ブランドであり、日本一熱狂的なファンを抱える日産スカイライン。 開発者の顔が見え、常に日...

続きを読む...

L28型改「3.2Lツインカムエンジン」を搭載したハコスカに試乗!

現代の技術を盛り込んで再生 許容回転数はなんと1万rpm 『TC24-B1Z』。 この英数字の組み合わせを見て、ピンときた人はかなりの自動車マニアだろう。 『TC24-B1Z』は岡山県にあるエンジン、駆動系パーツメーカー...

続きを読む...

「NISMO」の車種ラインアップを拡大!旧型名車パーツの生産を再開

メーカーだからできる謹製チューニング 今後続々と高性能ロードカーが誕生する! 「日産自動車(以下日産)」は4月25日、同社の高性能スポーツブランドである『NISMO(ニスモ)ロードカー』事業を拡大することを発表した。 こ...

続きを読む...

走行34万km超のR33型スカイラインGT-Rが好調でいられる秘訣とは

15年間で30万km以上を走行 GT-Rを乗り続ける誇りと勇気 一般的に走行距離10万kmといえば、メーカーの保証も切れ、クルマの寿命に近い状態と考える方も多いことだろう。ただ、一方では愛車と向き合いながら苦楽を共にして...

続きを読む...

新車装着専用タイヤを初めて開発した「ブリヂストン」

日産とブリヂストンが日本で初めて 新車用タイヤの開発を共同で行った! 日産R32スカイラインGT-R専用タイヤの開発において、日産とブリヂストンのパートナー関係がいかにイーブンで、それが当時としては前例のないことであった...

続きを読む...

1 / 212
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • SEDAN
  • SPORTS
  • WAGON
  • IMPORT