「吸排気系パーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

Kansaiサービスが提案する最新’17年モデルGT-Rのストリート仕様【東京オートサロン2017】

GT-R史上で最も上質な乗り味をするMY17 ストリートに徹した高バランス仕様を発表 日産R35型GT-R史上最高の前後バランスといわれるMY17(2017年モデル)。 Kansaiサービスでは、その速さと快適性を巧みに...

続きを読む...

ROWEN新作ボディキットは50プリウスとWRX【東京オートサロン2017】

世界から期待の2車種のキットを 日本でワールドプレミア 純正パーツに引けを取らないクオリティのパーツを製作する「ロェン」の最新作は、スバルWRX STIとトヨタ50系プリウスのボディキットだ。 いずれも発売を熱望されてい...

続きを読む...

86/BRZ後期やUSシビックの排気系パーツを「フジツボ」が発表!【東京オートサロン2017】

性能アップと規制クリアを高レベルで両立 国内外を視野に入れたアイテム展開を実施 排ガスや騒音の規制をクリアしつつ、アフターパーツに求められる性能アップも実現。 そんな相反する要件を実現するマフラーメーカー「フジツボ」は、...

続きを読む...

ブリッツがトヨタ86後期型用ターボキット&エアロを開発!【東京オートサロン2017】

ボルトオンターボキットで250ps超 最大出幅60mmのボディキットも登場 昨年7月に初のマイナーチェンジを敢行したトヨタ『86』。各部がブラッシュアップされ、スポーツカーとしての魅力がより高まった。 「ブリッツ」では前...

続きを読む...

トヨタ86にパワーを追求し直4エンジンを搭載【東京オートサロン2017】

エンジン換装で700psを発揮! レーシングカー並みの変更を施す 東京オートサロンの「バリス」ブースに展示されていたトヨタ86は、ポテンシャルを限界まで引き出すためエンジン換装という大手術のみならず、日産R33型スカイラ...

続きを読む...

2Lターボを搭載する最強のマツダ・ロードスター【東京オートサロン2017】

「ブリッツ」がターボキットを開発中 走る・曲がる・止まるの性能をアップ 昨年11月に追加されたマツダ・ロードスターRF。電動リトラクタブルハードトップを採用するこのクルマのエンジンは2リットルと、通常モデルが搭載する1....

続きを読む...

BMW M2用のエアロから機能パーツまでを一挙提案【東京オートサロン2017】

本物志向のオーナーを満足させる 効果を発揮するアイテムのみをリリース BMWをメインに魅力あふれるカスタム&チューニングパーツを展開している「3D Design」は、1月13〜15日に千葉県幕張メッセで開催された「東京オ...

続きを読む...

「サード」が86&BRZ用『4連スロットル』を新開発【東京オーロサロン2017】

絶対パワーよりフィールアップ NAらしい高レスポンスを実現 トヨタ86、スバル BRZは、国産スポーツカーのなかでもチューニング&カスタマイズのベース車両として高い人気を維持している。そのためパーツはもちろんチューニング...

続きを読む...

フジツボが「ローダウン車用」マフラーを開発【東京オートサロン2017】

『レガリスR』と『スーパーEX』のリニューアル S30型フェアレディZ用マフラーもラインアップ フジツボではローダウン車両への装着を前提に、従来の『レガリスR』と『スーパーEX』のリニューアルを敢行。 旧車ブームの影響も...

続きを読む...

音質にこだわった「アクセラスポーツ」用軽量スポーツマフラー

サウンドは高回転域で高音へと変化 純正マフラーより3kg軽量 ワンオフからオリジナルまでさまざまなタイプのマフラーをラインアップする「エクスアート」。 その数あるラインアップのなかでスタンダードタイプの『ONEシリーズ』...

続きを読む...

メルセデス・ベンツSクラスをVIPセダンにドレスアップ

世界を代表する高級車ベンツを 日本独自のVIPセダン文化を投影 いつの時代もメルセデス・ベンツは、高級車のグローバルスタンダードとして君臨してきた。 それは大富豪だろうが一般人だろうが、クルマ好きだろうが好きじゃなかろう...

続きを読む...

1 / 4123...最後 »