「チューニング>インポート」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

100万円以下の欧州車をイマドキにイジる提案【balance×VWゴルフ5】

古臭さを感じさせない格安ベース車は チューニングの幅が広がる”GTI”がオススメ!! 足まわりを軸としたフットワーク造りで高い評価を得る『balance(バランス)』。 国産車/欧州車を問わず、な...

続きを読む...

車イジリに便利な4ツール集めてみました【af imp.スーパーカーニバル】

地上高ゼロに使えるジャッキから 水平対向のプラグ交換ツールまで 大阪・舞洲スポーツアイランドで5月14日(日)に開催された「af imp.スーパーカーニバル」では、100社以上のメーカー&ショップのブース出展でも...

続きを読む...

【知ってる?】どちらが先?ラジエータ交換とオイルクーラー追加

エンジンを冷やして守るのは水 オイルの温度を下げても冷えない チューニングカーやサーキット走行をするクルマにとって、そろそろエンジン冷却水の水温上昇やエンジンオイルの油温上昇が気になってくる時期だろう。そこで冷却系のチュ.…

続きを読む...

【知ってまっか?】ターボを付けるとなぜパワーが出る

自然吸気(NA)エンジンは 排気量以上の空気を吸い込めない ターボチャージャーというのは、簡単にいえば、空気をエンジンに押し込むためのポンプの役割をする装置。 自然吸気(NA)エンジンでは排気量以上の空気を吸い込めないが...

続きを読む...

7万円から注文できる世界に1本の「ワンオフマフラー」

好みのデザインとサウンドを実現 錆びにくいステンレス製車検対応マフラー 現車合わせで世界にただ1本の自分だけのマフラーを製作してくれるのが「エクスアート」だ。 自動車メーカーからのパーツ供給が終了してしまった旧車はもちろ...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】塗装でメッキの輝き! 「D2」ブレーキキャリパーに新色

『Glassy』と『超硬質アルマイト』 カラフルで質感の高い注目の2カラー! 高純度アルミニウムを使用した鍛造モノブロックキャリパーを採用、サーキットから街乗りまで対応する幅広さが人気の「D2」ブレーキシステム。 インテ...

続きを読む...

トヨタ純正オカルト「アルミテープ」購入方法と公道で実装テスト

純正パーツ番号で注文すれば カンタンに購入することができる オカルトパーツとも言われた「トヨタ純正アルミテープ」。ボディに貼るだけで、ハンドリングが変わるという。 装着車種やドライバーの感度などによって、その効果はあると...

続きを読む...

「接着剤」が窓ガラスをボディ補強パーツに進化させる

ガラス用接着剤「ハイパーシーラント」が 参考出品から2年の歳月を経てついに市販化 平成27(2015)年の東京オートサロンでさり気なく参考出品されていた「横浜ゴム」の『ハマタイト・ハイパー・シーラント』が、HKSプレミア...

続きを読む...

純正メンバーと交換するだけでボディを補強する「CPM」

輸入車オーナー間で話題沸騰の補強パーツ トヨタやレクサス用もラインアップ! 『CPM・ロアーレインフォースメント』は「CPM」から発売される補強パーツ。 シャーシフレームに装着する純正パーツと付け替える仕組みで、ボディの...

続きを読む...

BMW M2用のエアロから機能パーツまでを一挙提案【東京オートサロン2017】

本物志向のオーナーを満足させる 効果を発揮するアイテムのみをリリース BMWをメインに魅力あふれるカスタム&チューニングパーツを展開している「3D Design」は、1月13〜15日に千葉県幕張メッセで開催された「東京オ...

続きを読む...

メルセデス・ベンツSクラスをVIPセダンにドレスアップ

世界を代表する高級車ベンツを 日本独自のVIPセダン文化を投影 いつの時代もメルセデス・ベンツは、高級車のグローバルスタンダードとして君臨してきた。 それは大富豪だろうが一般人だろうが、クルマ好きだろうが好きじゃなかろう...

続きを読む...

快音と静音を切り替え可能な「セダン用マフラー」

手元のリモコンで音量モードを切り替え エイムゲイン『パワーE.V.Sマフラー』 迫力のサウンドと住宅街など音量を控えたいときにジェントルなサウンドにできるマフラーが「エイムゲイン」の『パワーE.V.Sマフラー』だ。 エア...

続きを読む...

今、装着しているマフラーは排気音量規制改定以降も装着可能!

平成28年10月1日以降の新型モデルから 新マフラー音量規制が適用される 『法改正!ノーマルマフラーより音量が大きいと「NG」』で報じたとおり、国土交通省は新たな「排気音量規制」の施行を発表した。ニュースリリースでは不明...

続きを読む...

法改正!ノーマルマフラーより音量が大きいと「NG」

音量の大きなマフラーが装着できなくなる? 「魔女狩り」ともいえる「マフラー」を含む車外騒音規制の法改定が行われた。 対象となるのは平成28年10月1日以降の新型車からで、さらに平成32年9月1日以降の新型車では、音量規制...

続きを読む...

1 / 212
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • SEDAN
  • SPORTS
  • WAGON
  • IMPORT