「VIP STYLE表紙のクルマ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

自身のコンセプトは不変!頂点を目指すVIP女子

計画的に貯金してドレスアップを楽しむ 自らのお洒落も忘れずクルマに似合う女性へ トヨタ31型セルシオオーナー光恵サンは、VIPセダンを長く続ける秘訣を知っている。 計画的に貯金して、車体&ドレスアップは現金一括。また今回...

続きを読む...

レクサスGSを乗り継ぎドレスアップする理由

一度乗ったらやめられない それが「レクサス」の魅力 LSとGSを筆頭に、セダンのドレスアップシーンを大きく賑わせている「レクサス」。 各地のドレスアップイベント会場を見ても、レクサスオーナーの活躍が非常に目立っている。九...

続きを読む...

「VIPセダン=ワイド&ロー」という概念、不変なり【Y32シーマ】

理想のVIPセダン像を実現するY32シーマ 流行に影響されずに己の感性で作り上げたフォルム セダンをイジる上で、昔も今も変わらぬキーワードがある。 それは「ワイド&ロー」。VIPスタイル1月号(2017年)に輝いた日産Y...

続きを読む...

12年の歳月をかけ「15系マジェスタ」を極上VIP仕様に仕上げる

家族の協力なしでは語れぬ僕のVIP人生。 クルマをドレスアップするオーナーは多いが、藤野クンのように心から「VIPセダン」を愛している人はどれだけいるのだろうか。 挫折を味わったり遠回りもしたが、今回のリメイクでやっと理...

続きを読む...

時代を超えて続く「クラウンへの憧れとステイタス」

現行モデルで14代目 60年超の歴史をもつクラウン 創成期から幅広い世代に支持され長い歴史を持つクルマが、その名を消滅させている。 しかし、今もずっとトレンドを牽引し、連綿とその名を途切れさせることなく続けているのがトヨ...

続きを読む...

派手さは狙わず「51フーガ」でシンプルさを追求する若き20代オーナー

一度は諦めた目標に向かって再び歩み出す 2台目の51フーガで街を走れるという悦び 誰もがトヨタやレクサスに走るから、その逆を行くカタチで日産車を選んだオーナー。 今までの日産らしからぬ洗練されたシルエットの51系フーガを...

続きを読む...

「パティシエ女子」が意外性を追求して創った40ソアラ

「甘さ控えめ」なドレスアップがお好き 女性らしさを微塵にも感じさせない創り込み 世の女性はサプライズが大好き。彼女や奥サンに驚きと感動を与えるために、密かに計画を立てたことがある男子も多いだろう。 ただトヨタ40系ソアラ...

続きを読む...

Lサイズセダンが主流のVIPカーに100系チェイサーで挑戦

並み居る強豪VIPセダンに立ち向かう 闘志に満ちたミドルサイズの異端児 VIPというジャンルにおいては、レクサスやトヨタ、日産の大型セダンがスターティングメンバー。ただミドルなどの稀少なセダンも、この業界を陰で支えている...

続きを読む...

2つのショップの情熱と尊敬が作り上げた「200系クラウン」

創り上げた愛車が事故で全損! 一度は諦めたVIPにカムバック ドレスアップカーはオーナーとプロショップが一致団結し、総力を挙げて製作される。 基本的にはひとつのショップが最後まで面倒を見るものだが、そこにもうひとつのショ...

続きを読む...

渋さのなかに際立つブリスターフェンダーを纏う「30後期セルシオ」

派手な装いでもシンプル 九州VIPを代表する一台 九州のセダンは本当に個性的。今年2月20〜〜21日に福岡県・福岡ヤフオク!ドームで開催された『福岡カスタムカーショー』でデビューした小林クンの30セルシオも、間違いなくそ...

続きを読む...

孤高のフォルムをシンプルに実現したトヨタ18系「クラウン」

造形美に惚れて距離を厭わず 大阪の「スパークファイン」に依頼 メーカーのデモカーはもちろんだが、それ以上にオーナーカーの出展が多いのが毎年2月にインテックス大阪で開催される大阪オートメッセの特徴だ。 その常連ともいえる大...

続きを読む...

日産とレクサスを見事に共演させた「Y33型シーマ」

タブーともいえる他社グリルの移植 スピンドルグリル投入という挑戦 愛し続けて11年目。「一車入魂道」を突き進む岡本クンの日産Y33型シーマが、またまた大きく進化。 今回の目玉は、レクサスRC Fのフロントグリル移植。クル...

続きを読む...

虹色のボディの16系「アリスト」に投入した情熱と敬意

ホログラムラッピングの輝きと スーパーカーの魅力を表現 国内はもちろん、世界にもその名を轟かすスーパーカー集団に憧れ、彼らの世界観をトヨタ16系アリストで表現した佐藤クン。 この仕様を作るために、チームの代表であり、身近...

続きを読む...

「セルシオ」ドレスアップでVIPカーの頂点を目指す

30系セルシオの頂点を狙うために 2年間の充電期間を経て活動を再開 トヨタ・セルシオの後継モデルとなるレクサスLSがVIP業界を賑わせている昨今。 だが30セルシオは、永遠の現行車。カッコ良さは今も色褪せない。 2016...

続きを読む...

1 / 212
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • SEDAN
  • SPORTS
  • WAGON
  • IMPORT