「ホイール&タイヤ>スポーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

鋭きスポークと立体フェイスをコンビした至高の1ピースホイール【エステイタス スタイル757】

「Gコーポレーション」最新作は 芸術的なマシニング処理に注目! プレミアムカーへのマッチングを想定した「Gコーポレーション」のホイールシリーズ『エステイタス』。 最新作『スタイル757』は、スポーティな5本スポークをベー...

続きを読む...

WORK「シーカー」をアップデートした現代的メッシュホイール

大口径3ピース構造で魅せる要素をプラス 「グランシーカー」のデビュー作 コンパクトカーを軸に、スタンス系で熱狂的な人気を誇るワークのブランド「シーカー」。これまで、18インチと19インチの2種類のみというサイズ展開を理由...

続きを読む...

USDMやスタンスで履きたい オールドスクールな『レオンハルト・ライゼ』

7年振りとなる18インチを設定 3ピースの名門「スーパースター」 7年前までは確かに存在していたのだが、以来「スーパースター」の3ピースホイール『レオンハルト』から18インチモデルは消滅。19インチモデルのみだった。 し...

続きを読む...

「ツライチ度」を高めるホイールサイズ選び

ホイールのサイズは基本的にインチ表示 ミリ換算すると攻めたサイズが選べる! ドレスアップにもチューニングにも非常に影響の多いホイール。ホイールを選ぶときは、デザインや価格も気になるが、なによりサイズが重要。 まず、ホイー...

続きを読む...

運転の疲労を軽減する軽量・高剛性ホイールBBS「RI-A」

モータースポーツで培った技術を投入 プロも認める高スペックホイール さまざまなモータースポーツにホイールを供給している「BBS」。なかでも国内屈指の人気を誇るスーパーGTは、モータースポーツ直系を謳う「BBS」としては重...

続きを読む...

プロフェッサー史上最軽量3ピースホイールが登場

バネ下荷重を1キロ以上ダイエットできる! 組み立てホイールの概念を打ち破った「SP5」 『プロフェッサー』といえば、レース用のホイールを市販品に仕立てたスポーツ系3ピースホイール。その最新作『プロフェッサー SP5』で最...

続きを読む...

業界初!保安基準を適合した「ワイドトレッドスペーサー」

純正同等の性能と強度を確保した ASEA基準をクリアする車検対応品 ワイドトレッドスペーサー(通称ワイトレ)といえば、ホイールのツラを外側に出したり、タイヤ左右のトレッドを広げるために使うもの。 足元の見映えを高められた...

続きを読む...

【知ってる?】カンタンにできる!タイヤの正しい保管法

縦置き、横積み、ラック置き どれがタイヤに優しい保管方法か イベントに行くためとっておきのホイールを履き替えたら、何だか振動が出る。スタッドレスタイヤから夏タイヤに換えたら違和感。 その原因の一つに、タイヤの保管状態が悪...

続きを読む...

「ホログラムリムレザータトゥー」でホイールのオリジナリティを演出

「ワーク」ロゴ以外にチーム名なども刻印可能 世界に1本というホイールが手に入れられる 魅力的な新作を続々とリリースするホイールメーカー「ワーク」。 あまり知られていないが、人との違いを演出したいオーナーたちに向けた個性的...

続きを読む...

『レオンハルト』が新作ホイールに描いた究極のシンプル美

静かにクルマを引き立てる『シュタイン』 主張しすぎずボディ融合するデザインを採用 『ゲミュート』から続くシンプルデザイン。 ホイールメーカー「スーパースター」が放つ鋳造3ピースブランド『レオンハルト』の特徴だ。 最近の新...

続きを読む...

【知ってまっか?】ホイールの鍛造と鋳造でナニが違うのか

デザイン性と高強度&軽量は 製造方法でかなり異なる 走りにこだわる人からドレスアップ派まで、ひときわ高い関心度を集めているのがアルミホイール。 軽くて、きれいで、加工性に優れ、耐腐食性の強いアルミは、ホイールの素材にピッ...

続きを読む...

1 / 7123...»
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • SEDAN
  • SPORTS
  • WAGON
  • IMPORT