「ホイール&タイヤ>ワゴン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

鋭きスポークと立体フェイスをコンビした至高の1ピースホイール【エステイタス スタイル757】

「Gコーポレーション」最新作は 芸術的なマシニング処理に注目! プレミアムカーへのマッチングを想定した「Gコーポレーション」のホイールシリーズ『エステイタス』。 最新作『スタイル757』は、スポーティな5本スポークをベー...

続きを読む...

WORK「シーカー」をアップデートした現代的メッシュホイール

大口径3ピース構造で魅せる要素をプラス 「グランシーカー」のデビュー作 コンパクトカーを軸に、スタンス系で熱狂的な人気を誇るワークのブランド「シーカー」。これまで、18インチと19インチの2種類のみというサイズ展開を理由...

続きを読む...

ワンランク上のデザインと気品を与えた「レオニス」の新2作

レオニスMXとレオニスFYの新作2本へ 高膜厚クリアで仕上げた旬カラーを設定 「ウェッズ」が手掛ける1ピースホイールブランド『レオニス』。鋳造製法の利点を生かした凝った意匠と確かな品質、そしてリーズナブルな価格設定で高い...

続きを読む...

色からピアスの有無まで選べる鍛造3ピースホイール『ファヴォーレ』

ピアスボルトは全3パターンから 19&21インチ設定の3ピース鍛造 「ケースペック」は、プレミアム感を前面に押し出した『ファヴォーレ』ホイールシリーズを展開する。 2作目の『ファヴォーレ ティグレ』は、大柄なボデ...

続きを読む...

クラシカルメッシュにディスクを出すという新提案

時代は深リムからオーバーディスクに 強烈なる高貴な個性を放つ『ラグメッシュ』 ピアスボルトの内周からグイッとディスクが立ち上がる、かなり特徴的なディスク形状。 天面は割とオーソドックスなメッシュデザインなのだが、「D.A...

続きを読む...

USDMやスタンスで履きたい オールドスクールな『レオンハルト・ライゼ』

7年振りとなる18インチを設定 3ピースの名門「スーパースター」 7年前までは確かに存在していたのだが、以来「スーパースター」の3ピースホイール『レオンハルト』から18インチモデルは消滅。19インチモデルのみだった。 し...

続きを読む...

ハイブリッド切削で輝くSUV専用ホイール『フルクロスRV5』

レイズが投入したコンポジットマシニングは ダイヤカットとマシニングの切削コンビ 「レイズ」のSUV専門ホイールブランド『フルクロス』に『RV5』が追加ラインアップされた。 この最新作には、注目すべきトピックスが秘められて...

続きを読む...

「ツライチ度」を高めるホイールサイズ選び

ホイールのサイズは基本的にインチ表示 ミリ換算すると攻めたサイズが選べる! ドレスアップにもチューニングにも非常に影響の多いホイール。ホイールを選ぶときは、デザインや価格も気になるが、なによりサイズが重要。 まず、ホイー...

続きを読む...

ツーリングスポーツの正統派ホイール『クラブリネア・マルディーニFF』

軽量&高剛性のスポーツデザインに ラグジュアリーな2色を設定 「クリムソン」の新作は、軽快なムードが伝わってくる細身の10本スポークモデル。旬のコンケーブデザインやリムオーバーしたスポークで、立体的なディテールと脚の長さ...

続きを読む...

トピーのフラッグシップ『ドルフレン』に色で魅せる新作

『デルディオ』に与えた新色は 光の当たり具合でカラー変化する 世界最大級のホイールメーカー「トピー」が放つ、伝統と品格を合わせ持つフラッグシップブランド「ドルフレン」。このブランドの2017年モデル『デルディオ』は、繊細...

続きを読む...

プロフェッサー史上最軽量3ピースホイールが登場

バネ下荷重を1キロ以上ダイエットできる! 組み立てホイールの概念を打ち破った「SP5」 『プロフェッサー』といえば、レース用のホイールを市販品に仕立てたスポーツ系3ピースホイール。その最新作『プロフェッサー SP5』で最...

続きを読む...

1 / 9123...»
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • SEDAN
  • SPORTS
  • WAGON
  • IMPORT