「ホイール&タイヤ>ワゴン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

スーパースターがクラシカルなメッシュホイールを投入

2017年モデル『レオンハルト・ヴェレ』には 色で遊べるイマドキな要素も投入された 「スーパースター」といえば、ディスク、アウターリム、インナーリムに別れる3ピース構造のホイールを手掛ける名門メーカー。 そのひとつ「レオ...

続きを読む...

【知ってまっか】冬こそタイヤの空気圧を高めに

気温が低いと空気は収縮 タイヤの空気圧が低下する 自動車メーカーが指定するタイヤの指定空気圧は、1年を通じて同じ。 しかし「夏は低め、冬は高めにするとよい」というのをご存じでしょうか? これは外気温によるところ。空気は気...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】高性能ホイールの代名詞『TE37』がさらに進化

コーナリングスピードの向上とともに ホイールに高い強度・剛性が求められる 発売から20年が過ぎた今でも高い人気を誇る「レイズ」の鍛造1ピースホイール『ボルクレーシングTE37』。メインターゲットであるスポーツカーの性能向...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】ジェイドのカスタムは魅せる足元で勝負!

ワンオフ車高調+19インチホイールで パーツの少なさをカバーする コンパクトなボディに6列シートを採用した低床ミニバンが、ご存じ「ホンダ・ジェイド」。 アフターパーツが少ないために、カスタマイズ車両は希少なのだが、大阪オ...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】D.A.Dが提案するラグジュアリー×スタンスの真相

エッジの効いたスポーツな装いとラグジーとの融合 “ラグスタ”は新ブームメントとなる可能性大!! 大阪オートメッセの2号館に展示している『D.A.D』のアルファード。 美しいホワイトのボディには、ハ...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】大阪オートメッセでデビューしたヴァルド入魂のデモカー3選

新作ラインアップにはトレンド満載の仕掛けを投入 WALD流のセンスは今年も健在デス!! 日本のカスタムカー文化を牽引する「WALD(ヴァルド)」が、大阪オートメッセに向けて3台のデモカーを製作。いずれも同社の『スポーツラ...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】創立40周年のワークは新作テンコモリ!!

今年創立40周年を迎えたホイールメーカー『ワーク』 2017年モデルは新作/復刻版/輸入車用と多彩だ 大阪オートメッセの6B号館の入り口すぐの位置に居を構える「WORK(ワーク)」。 今年で40周年を迎えたホイールメーカ...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】低さで魅せる326パワー流のC-HRアレンジ

ノーマルフェンダー×10.5Jのワイドホイール さらに超ローダウンで魅せる1台に 今回の大阪オートメッセで注目のひとつが、トヨタC-HRのカスタマイズ。様々なアレンジを施した車両が目白押しだが、中でも車高の低さが光るのが...

続きを読む...

これは危険!「スタッドレスタイヤ」に正しいナット使っていますか?

正しいナットを使用していないと タイヤの脱落事故の可能性もある すでにスタッドレスシーズン終盤になっていますが、正しいホイールナットを装着していますか? もちろん、スタッドレス装着車のみならず、ホイールを交換した人もぜひ...

続きを読む...

“エッジ”感にこだわるWEDS「マーベリック」2017年モデル

ツイン5スポークの『905S』とメッシュの『910M』 シンプルかつスポーティなデザインを採用する新作 ジャンルや車種のボーダーを越えた、普遍的なデザインが人気なのが「ウェッズ」の『マーベリック』。シリーズ10年目の20...

続きを読む...

ネオクラブームの最先端ホイールデザイン「ロクサーニ パヴォーネ」

センターロックを彷彿させる中央まで攻めたスポーク ポリッシュの輝きが明暗のあるコントラストを演出 オーソドックスなスポークやメッシュデザイン。肩肘張らずにドレスアップを楽しめるホイールが『ロクサーニ』の魅力だ。その最新作.…

続きを読む...

激化する「トヨタC-HR」チューニングの方向性を占う【東京オートサロン2017】

注目のSUV「C-HR」をカスタマイズ スポーツ系かドレスアップ系か? 世界的な人気となっているクロスオーバーSUV市場に、トヨタが満を持して投入したトヨタC-HR。 発売は2016年12月14日と東京オートサロンの1カ...

続きを読む...

1 / 7123...最後 »